◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 事前(27日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7069yd(パー71)

「日本オープン」覇者の岩崎亜久竜は、オフの期間を利用してアメリカで武者修行を敢行。同じ黒宮幹仁コーチに師事する間柄という縁で、松山英樹のフロリダ邸に居候し、トレーニングと打ち込みに明け暮れた。ひと回り体が大きくなって帰ってきただけではなく、国内ツアー開幕を迎えたバッグの中身もガラッと変わっていた。

1、3、5番ウッドはすべてテーラーメイドの「Qi10」へ。LSモデルも打ったが、最終的にスタンダードモデルに落ち着いた。「とにかくコアの顔が気に入ったんですよね。とても構えやすくてイメージがしやすかった」。岩崎の言う“コア”とは「Qi10」3機種の真ん中のスタンダードモデルのこと。年末に初めて試して一発で気に入り、それ以来ずっとバッグに入っている。3Wと5Wも同じタイミングで「Qi10」のコアにスイッチした。

ツアーでも評判の3Wに関しては、「飛ばしたい時はスピンを減らしてドローで飛ばすことができるし、止めたい時は思いっきり高い球で止めることもできる。両方とも打ちやすいフェアウェイウッドってあんまりないんですよ」と絶賛。1、3、5Wのクリーンアップを新モデルにすんなり移行でき、満足したまま年を越した。

驚いたのは装着シャフトだ。岩崎は長らく藤倉コンポジットの「ベンタスブラック」を使ってきたが、ウッド系はすべて松山愛用のグラファイトデザイン「ツアーAD DI」に変わっていた。

「ベンタス(ブラック)は直進性が抜群でしたが、もうちょっと球を操作したいと思い始めていて。そのときに黒宮さんから『操作したいならDIがいいんじゃない』との助言があって。実際に試したらすごく良かった」。ドライバーだけはDIの「HIGH MODULUS(ハイモジュラス)」という高弾性モデル。「操作性もありつつ、ヘッドスピードが1、2m/s上がったんですよ」とシャフトの進化に驚いた。

アイアンは4番を「P790」(2023)、5番からPWを「P7TW」に。ウェッジも「ボーケイ」から「MG4」に変わり、昨年からパター以外13本のクラブを替えたことになる。そして、ボールも「TP5」(2021)から新しい「TP5x」(2024)へ。モデルまで替えた背景にはいったい何があったのか。

「松山さんの家では、スリクソンの硬いボール(ZスターXV)で練習させてもらっていたんですよ。ずっと打っていると『硬いボールもいいな』と思い始めて。テーラーの硬いやつってどうなんだろうって気になって、すぐに向こうのゴルフショップで新しい「TP5x」を買って試したんです。そしたらめっちゃ良くて…」。岩崎にボールを替えない手はなかった。

アメリカでの充実した練習を経て、クラブを総入れ替えし、新しい武器(ボール)も手に入れた。昨年のメジャーチャンプは、実にフレッシュな気持ちで新シーズンに挑む。

<岩崎亜久竜のクラブセッティング>

ドライバー:テーラーメイド Qi10(10.5度)

シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD DI HIGH MODULUS(ハイモジュラス) (70g台、硬さTX)

フェアウェイウッド:テーラーメイド Qi10(3番15度、5番18度)

シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD DI 3番(80g台、硬さX)、5番(90g台、硬さX)

アイアン:テーラーメイド P790(4番)、テーラーメイド P7TW(5番〜PW)

シャフト:トゥルーテンパー ダイナミックゴールド S400

ウェッジ:テーラーメイド MG4(50、56、60度)

シャフト: トゥルーテンパー ダイナミックゴールド S400

パター:スコッティキャメロン ニューポート2 プロトタイプ

ボール:テーラーメイド TP5x<2024年>