◇国内男子◇東建ホームメイトカップ◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7069yd(パー71)

スコッティキャメロンの新しいパター「PHANTOM(ファントム)」が国内男子ツアーの開幕戦でお披露目された。マレット系「ファントムシリーズ」の3代目で、練習グリーンに並んでいたシルバーヘッドに選手たちは興味津々。手に取ってボールを転がしてはタイトリストのツアーレップ(用具担当)とやり取りをし、グリップ交換を依頼するプロがいれば、そのまま持ち帰るプロもいた。

PGAツアーでひと足先に展開が始まっていたので情報を知る方は多いだろう。新しいファントムは、角ばった羽の生えた「5」、ツノ型の「7」、角ばったリングウエートがついた「9」、大ぶりで慣性モーメントの最も高い「11」があり、それぞれ「.5」がついたショートスラントネックモデルがある(5.5、7.5、9.5、11.5)。さらに「5」に関してはセンターシャフトの「5S」もラインアップ。全てがズラっと並んだ光景は壮観だ。

新しいファントムの進化ポイントは3つ。まずはアライメントデザイン。スリードット(3つのドット)やアロー(矢印)など、さまざまなデザインをヘッドサイズに合わせて配置できるだけでなく、ヘッド自体も段差をつけるなどして構えやすさを強調した。2つめはフェースのミーリング。デュアルミルドでボールの転がりを向上。そして3つめはグリップ。人気だった「ベビーTグリップ」をアレンジし、楕円形を強調。手のひらとの密着性を高めたという。

「ファントム 5S」を一目ぼれに近い形でバッグに入れたのは植竹勇太だ。ひと目で気に入り、しばらく練習グリーンでボールを転がしたあと、そのままお持ち帰り。同じように坂本雄介も「ファントム 5.5」を気に入り、すぐさまバッグイン。坂本は元々スコッティキャメロンのマレットユーザーで、「GOLO6プロトタイプ」を使っていた。ショートネック好きで、今回も「.5」がハマった形になった。

「ファントム5.5」は元来ファンが多く、ジャスティン・トーマスのリクエストで生まれたモデルであることはよく知られた話。PGAツアーでもキャメロン・ヤング、マックス・ホマなど愛用者は多い。今季から米LPGAツアーで戦う稲見萌寧も「5.5」に替えていた。長らく使っていたパターを替えたのだから、「よっぽどモノがいいのでは」と思えてしまう。

他にも平本世中が「ファントム 9.5」、ジャスティン・デロスサントス(フィリピン)が「ファントム 7」など総勢6人がいきなり試合で投入したというから、まさに上々の滑り出し。あなたはどのヘッドが好み?(三重県桑名市/服部謙二郎)