◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(16日)◇トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)◇6687yd(パー72)

アジア勢による争いとなった最終日。混戦から一歩抜け出してメジャー初制覇を果たしたのは、23歳のパク・ソンヒョン(韓国)。3打差4位から出て、6バーディ、1ボギーの「67」と伸ばし、後続に2打差をつけてツアー初優勝をメジャー大会で成し遂げた。

2016年に韓国ツアーで年間7勝を挙げて賞金女王に輝いたパクは、同年に米国女子ツアーのツアーカードを取得。今季がフル参戦初年だった。

通算9アンダーの2位に17歳のアマチュア、チェ・ヘジン(韓国)。2年続けてのローアマチュアに輝き、50年ぶりのアマチュア優勝にもあと一歩に迫る活躍で大会を盛り上げた。

通算7アンダーの3位にハー・ミジョンとユ・ソヨンの韓国勢。通算6アンダーの5位にカルロタ・シガンダ(スペイン)、イ・ジョンウン(韓国)と、最終ホールで痛恨のトリプルボギーをたたいたフォン・シャンシャン(中国)が続いた。

日本勢は、野村敏京が通算2オーバーで33位、宮里藍が通算4オーバーで41位、葭葉ルミが通算8オーバーで51位となった。

【最終成績】
優勝/−11/パク・ソンヒョン
2/−9/チェ・ヘジン(アマ)
3T/−7/ハー・ミジョン、ユ・ソヨン
5T/−6/カルロタ・シガンダ、イ・ジョンウン、フォン・シャンシャン