◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日(30日)◇鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)◇6587yd(パー72)

最終18番は残り50cmのパーパット。タップインすると、左拳を小さく握った。大歓声に包まれながら、成田美寿々が2年ぶり8度目の優勝を味わった。

「苦しんだすえにやっとひとつ勝てた。冗談で2位を狙っていると言おうと思ったが、さすがに(後続と)4打差もあったのでヒヤヒヤはしなかった。前半はショットが怖いくらいついていたので、ストレスなくできた」

1番(パー3)で2m半のパットを沈めてバーディ発進。4番で今大会4日目にして初めてのボギーをたたいたが、「やっとボギーがきた。いつも通りの私だ」と振り返った。続く5番で残り141yを8Iで50cmにつけてバーディを奪い、スコアを戻した。

この日は6バーディ、1ボギーの「67」。通算21アンダーで、2015年の「サントリーレディス」以来の頂点に立った。

今季の目標は、来年の「全米女子オープン」出場資格となる賞金ランク5位以内。賞金女王も狙う。だが、見据えるのは常に先だ。2020年の東京五輪について「出場だけで終わったらおもしろくない。金メダルを狙うのが競技者」と力を込める。

今週を含め、ここ5戦は10位、5位、4位、3位、優勝とすべてトップ10入りしているが「絶好調のときに勝つのは当然。あまり良くない中でも、しっかりとスコアを作って上位をキープしてたまにポンと勝つ。上位に常に入るのが重要」。

言葉の裏に、自身の成長を感じている。賞金ランキングは5位に浮上。上り調子の猛者の暑くて熱い夏が始まる。(山梨県鳴沢村/玉木充)