◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 事前情報◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

世界6大ツアーのトップ選手による世界選手権シリーズのひとつ「WGCブリヂストン招待」は3日(木)に開幕する。出場全選手が4日間72ホールをプレー。翌週のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」(ノースカロライナ州クエイルホロークラブ)を控えた一戦だ。

「リオデジャネイロ五輪」開催の影響で6月に行われた前年大会は、ダスティン・ジョンソンが通算6アンダーで優勝。スコット・ピアシーを1打差で振り切った。“モンスター”の愛称で知られる667ydの16番(パー5)をはじめ、飛距離と両サイドの林をかわす方向性を求められたロングコースが相手だ。

フィールドには2週前の「全英オープン」を制したジョーダン・スピースのほか、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、ブルックス・ケプカらメジャーチャンピオンもそろい踏みする。

世界ランキング3位の松山英樹は5年連続の出場。昨年中国で行われた「WGC HSBCチャンピオンズ」以来のWGCタイトルがかかる。自ら「好きなコースのひとつ」と話す18ホールでは、2014年の12位タイが最高成績となっている。

そのほかの日本勢は7月24日付の世界ランキング50位以内の資格で谷原秀人が、前年の日本ツアー「ブリヂストンオープン」で優勝した小平智が出場。6月の「日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills」を制したショーン・ノリス(南アフリカ)もツアーを代表してプレーする。

<主な出場予定選手>
ダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピース、松山英樹、ロリー・マキロイ、セルヒオ・ガルシア、ジェイソン・デイ、ジョン・ラーム、ヘンリック・ステンソン、アレックス・ノレン、ブルックス・ケプカ、リッキー・ファウラー、谷原秀人、小平智