◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 3日目(5日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

松山英樹が今季3勝目、WGCシリーズ通算2勝目へ向けて好位置をキープした。ムービングデーを迎えた3日目は、中盤の2ボギーを5バーディで取り返して3アンダー「67」。通算7アンダーとして、首位と2打差の4位に付けた。

通算9アンダーで首位に立つのは、ザック・ジョンソンとトーマス・ピータース(ベルギー)の2人。ともに初のWGCシリーズ制覇を目指している。

通算8アンダーの3位には、この日8バーディ、1ボギーの「63」で一気に浮上してきたスコット・ヘンド(オーストラリア)。通算7アンダーの4位に松山が続き、通算6アンダーの5位にアダム・ハドウィン(カナダ)、チャーリー・ホフマン、ロリー・マキロイ(北アイルランド)の3選手が付けている。

ジェイソン・デイ(オーストラリア)は、ブルックス・ケプカらと並び通算3アンダーの1位。ジョーダン・スピースは通算2アンダーの16位で、世界ランク1位のダスティン・ジョンソンは、通算1オーバーの30位とした。

日本勢では、小平智が通算5オーバーの49位、谷原秀人が通算6オーバーの58位で3日目を終えている。