◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 初日(10日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

2017年のメジャー最終戦が、雨予報を覆して晴天のもとで開幕。前週「WGCブリヂストン招待」を制し、日本人史上初のメジャータイトル獲得の期待がかかる松山英樹は6バーディ、5ボギーの「70」で回り、1アンダーとして首位に3打差の15位タイでスタートした。

4アンダーのトップタイで並んだのは午前中にプレーしたトービヨン・オルセン(デンマーク)と、午後スタートで最終18番をバーディで締めくくったケビン・キズナー。

1打差の3位タイに今年の「全米オープン」覇者のブルックス・ケプカのほか、地元ノースカロライナ州出身のグレイソン・マレー、ゲーリー・ウッドランド、クリス・ストラウド、D.A.ポインツがつけた。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは松山、ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ジョン・ラーム(スペイン)らと同じく15位タイにいる。

そのほかの日本勢は谷原秀人と小平智が「71」でイーブンパー25位タイ。池田勇太は1オーバー33位タイと出場4選手がみな予選通過圏内で発進した。

ロリー・マキロイ(北アイルランド)は後半に崩れ、池田のほか史上最年少でのキャリアグランドスラムを狙うジョーダン・スピースと並び1オーバー33位タイ。前年度大会を制したジミー・ウォーカーは10オーバー144位タイと大きく出遅れた。

【主な成績】
順位/スコア/選手名
1/−4/トービヨン・オルセン、ケビン・キズナー
3T/−3/ブルックス・ケプカ、グレイソン・マレー、ゲーリー・ウッドランド、クリス・ストラウド、D.A.ポインツ

15T/−1/松山英樹、ジェイソン・デイ ほか
25T/0/谷原秀人、小平智 ほか
33T/+1/池田勇太、ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース ほか