◇海外女子メジャー◇全英リコー女子オープン 2日目(4日)◇キングスバーンズGL(スコットランド)◇6697yd(パー72)

「全英」初出場の川岸史果が、94位から出た2日目を4バーディ、2ボギーの「70」でプレー。予選カットライン上となる通算1アンダーの65位タイでホールアウトし、海外メジャー2試合目で初めての予選突破を果たした。メジャー初挑戦の7月「全米女子オープン」は99位で予選落ち。「全米では悔しい思いをしたので、決勝ラウンドにぶつけていければいい」と、喜びもひとしおだ。

リンクス特有の風が比較的穏やかだった午前中にスタート。前半3番で3m、5番では10mのロングパットをねじ込んで着々とスコアを伸ばした。折り返し後の13番までに1つ落とし、通算イーブンパーで迎えた17番。「イーブンでは(予選を)落ちるだろうな」という焦燥感に駆られる中で、3mのチャンスをねじ込んでカットラインに滑り込んだ。「狙って獲れたバーディだったので良かった」と、終盤の価値あるバーディにうなずいた。

「全米のときより調子は良いし、?み合えばまだまだ戦える。上位に1打でも食い込めるように頑張りたい」。日本ツアーで賞金ランキング9位と健闘中のルーキーが、メジャーの週末に存在感を示せるか。(スコットランド・セントアンドリュース/塚田達也)