◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 3日目(5日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

大会3日目も5バーディ、2ボギーの「67」ときっちりスコアを伸ばした松山英樹が、通算7アンダーとして首位と2打差の4位。世界選手権シリーズ2勝目へ向け、絶好の位置をキープして最終日へ駒を進めた。

通算9アンダーで首位に立つのは、ツアー通算12勝のザック・ジョンソンと、欧州ツアー3勝を誇るトーマス・ピータース(ベルギー)の2人。通算8アンダーの3位にこの日7アンダー「63」をマークしたスコット・ヘンド(オーストラリア)が付けている。

通算6アンダーの5位には、アダム・ハドウィン(カナダ)、チャーリー・ホフマン、さらにロリー・マキロイ(北アイルランド)が続いている。

小平智は通算5オーバーで49位、谷原秀人は通算6オーバーで58位。

<上位のスコア>
1T(-9) ザック・ジョンソン、トーマス・ピータース
3(-8) スコット・ヘンド
4位(-7) 松山英樹
5T(-6) アダム・ハドウィン、チャーリー・ホフマン、ロリー・マキロイ
・・・
49T(+5) 小平智 ほか
58T(+6) 谷原秀人 ほか