◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 最終日(6日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

節目のゲームで貫禄の逆転劇だ。首位に2打差の4位から出た松山英樹は1イーグル、7バーディ「61」をマークし、通算16アンダーとして今季3勝目を挙げた。2011年からの米ツアー出場100試合目での5勝目を、自身2つ目の世界選手権タイトルで飾った。

トップとの2打差は瞬く間に縮まった。スタート直後の2番(パー5)、残り217ydの第2打を4Iでグリーン奥にこぼした松山はLWで下り傾斜を転がし、チップインイーグルで首位に並んだ。続く3番は残り217ydの2打目でピン左1mをとらえてバーディ。「きのうのラウンド後の練習ではよく仕上がっていたが、きょうの朝は悪すぎてショックだった」というショットは、1番でUTでのティショットを左に曲げた時点で「原因が分かった」という。復調気配を感じながら次々とチャンスを作り、6番で3.5mのバーディチャンスを活かすと、単独リーダーに立ってトーナメントを引っ張った。

追われる立場になっても、勝ち急がない。前日に誓った通りの試合運び。「出だしが良かったので『崩れるパターンかな』と思った。状態が良くないのは知っていたので、崩れないようにしたいと思っていた」。ピンチもあった。ティショットを左ラフに曲げた12番(パー3)はウェッジで寄せてパーセーブ。

続く13番は362ydのロングドライブが、左サイドの木の枝葉が気になるセミラフまで飛んだ。PWでフックをかけて木をかわし、ピンそば2.5mに。危ない局面をひっくり返してバーディ。後続に2打差をつけて迎えた“モンスター”の異名を持つツアー最長ホール、667ydの16番(パー5)から一気に3連続バーディを奪い、タイガー・ウッズが13年大会にマークしたコースレコード、9アンダー(61)に並んだ。

アマチュアとして出場した2011年「マスターズ」から、13年秋の本格参戦を経て、米ツアーは今大会がちょうど100試合目。「無理だろうなって思っていたけれど、勝率が4%から5%に上がったので良かったと思う」と笑った。4大メジャーに次ぐ格式を持つ世界選手権シリーズは、昨年10月の「WGC HSBCチャンピオンズ」に続く2勝目。節目のゲームでツアーのポイントランキングでもトップに再浮上。フェデックスカップ年間王者という快挙は近づいた。

ただその前にやるべきことがある。次週「全米プロゴルフ選手権」(ノースカロライナ州クエイルホロークラブ)で、メジャー初優勝をかけて戦う。満を持して向かう大一番を前に「今週は自分に期待せずにいったらうまくいった。来週も期待せずにいったら、うまくいくんじゃないかなと思います」と表情は落ち着き払ったものだ。

18番グリーンで行われた表彰式でのインタビュー。大観衆を前に「きょうはスタート前のウォーミングアップ(練習場での仕上がり)が最悪だったので、こんなに素晴らしいラウンドができるとは思わなかった。最後まで信じられませんでした」と話すと、ギャラリースタンドは爆笑の渦に包まれた。最悪でも、勝っちゃう。それこそが日本が誇るモンスター。メジャー初制覇へ期待はさらに膨らんだ。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)