◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 2日目(11日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

15位から出た松山英樹が7バーディ、ボギーなし「64」で回って通算8アンダーとした。ホールアウト時点でケビン・キスナーと並んで首位に立った。

松山は前半で2つ伸ばすと、後半12番から4連続バーディを奪った。15番(パー5)では1打目を放ったあとに2時間以上の中断を挟んだが、グリーン右ラフの3打目を寄せてバーディとした。

17番では2mの下りのフックラインを決めてバーディを獲った。

谷原秀人は通算4オーバー、小平智は通算5オーバー、池田勇太は通算9オーバーでホールアウトした。