◇米国男子プレーオフ第2戦◇デルテクノロジーズ選手権 最終日(4日)◇TPCボストン(マサチューセッツ州)◇パー71(7342yd)

36位で出た松山英樹が6バーディ、1ボギー「66」で回って通算5アンダーで終えた。ホールアウト時点で26位になった。

松山は2オンした前半2番(パー5)でバーディを先行させると、5番で2つ目を奪った。7番ではグリーン手前からチップインバーディを決めて「33」(パー36)で折り返した。

バーディ直後の後半11番に初のボギーを喫したが、13番でバーディを獲ると、最終18番でも伸ばして終えた。

7ホールを終えたマーク・レイシュマン(オーストラリア)が通算17アンダーでトップ。8ホールで6つ伸ばしたジョーダン・スピースが通算16アンダーで追っている。