◇米国男子◇CIMBクラシック 2日目(13日)◇TPCクアラルンプール(マレーシア)◇7005yd(パー72)

雷雲接近による3時間50分の中断を挟んだが、日没間際に全78人がホールアウト。5位スタートから「65」としたパット・ペレスが通算13アンダーに伸ばし、単独首位に立って大会を折り返した。

通算12アンダーの2位に、昨季2勝を挙げてルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたザンダー・シャウフェレ。通算9アンダーの3位タイにカン・スン(韓国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)、トーマス・ピータース(ベルギー)の3人が続く。

6打差を追って23位からスタートした松山英樹は、中断明けの後半3番(パー5)で今季初イーグルを記録したほか3バーディ、1ボギーの「68」と伸ばし、通算6アンダーの8位に浮上。首位とは7打差に開いたが、トップ10圏内に食い込んで週末に進んだ。

昨季の年間王者で大会3連覇がかかるジャスティン・トーマスは通算3アンダーの33位につけた。

【主な成績】
順位/スコア/選手名
1/−13/パット・ペレス
2/−12/ザンダー・シャウフェレ
3T/−9/カン・スン、キャメロン・スミス、トーマス・ピータース

8T/−6/松山英樹 ほか
33T/−3/ジャスティン・トーマス ほか