◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2日目(28日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6580yd(パー72)

自力で優勝戦線に残った。3位で出た畑岡奈紗は「70」で回り、首位と1打差の通算6アンダー2位。2ボギーを先行させたが、終盤に4つのバーディを奪取した。

前日は4バーディ(ボギーなし)を奪った得意の後半イン。2つ落として迎えた14番で「マズいと思っていたけど、キャディと1つバーディがくれば流れが変わると話していた」と8mを流し込んで初バーディ。「やっときたな、という感じだった」と安堵し、勢いに乗った。

15番(パー3)は7Iで右手前1.5mにからめ、90ydから54度のウェッジで4mにつけた16番(パー5)で3連続バーディ。「13番以降は距離が長くないから、そこでしっかり獲っていくことが大事」と語った。

予選ラウンドのフェアウェイキープ率は89%。今季3勝目に向け「昨日からほとんどフェアウェイを外さなかった。きょうはチャンスが少なかったので、セカンドの距離感を合わせてバーディパットをたくさん打てるようにしたい」と、最終日の戦いを見据えた。(埼玉県飯能市/林洋平)