10月15日(金)に公開される映画「劇場版 ルパンの娘」に岡田義徳が出演することが決定。合わせて重要シーンを切り取った場面写真も解禁された。

 

本作は、横関大の同名小説を原作に、フジテレビ系列で2019年7月期に1作目、翌2020年に2作目が放送されたドラマ『ルパンの娘』の劇場版。ドラマでは、代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋の行方とともに、全力でふざけるキャストの好演や、泥棒スーツに身をまとった激しいアクションと独特なポージング、そしてミュージカル演出が話題を呼んだ。

 

そんな『ルパンの娘』の続編にして最終章となる劇場版の舞台は、異国の地「ディーベンブルク王国」。ある日、Lの一族の父・尊(渡部篤郎)が突然「泥棒引退」を宣言し、これまで迷惑をかけてきた華と和馬にちょっと遅めの新婚旅行をプレゼントするが、本当の目的は、王国に眠る史上最大のお宝。さらに、華も知らない一族最大の謎に迫ることに。

 

新たに出演が発表された岡田が演じるのは、謎の大道芸人・月島俊哉。岡田自身も「どう話したらいいかすごく考えたのですが…。多くは語ることができない秘密が多い役です」と口を紡ぐほどの物語の根幹に関わる重要人物だ。

 

劇中では、実際に大道芸にも初挑戦したという岡田。「本当は吹き替えでやることを考えてもらっていたのですが、できる範囲のことは全部自分でやろうと思い、家で結構特訓をして、ある程度はできるようになりました」と振り返り、実際にはほとんど吹き替えを使うことなく大道芸を披露するシーンの撮影に挑んだという。

 

解禁となった場面写真は、深田演じる華の“泥棒スーツ”変身シーンを切り取ったカットや、Lの一族が華と和馬の新婚旅行で訪れたディーベンブルク王国でのワンシーンを映し出したカット。

 

史上最大のお宝である王家の秘宝を盗み出すため、難攻不落の城への潜入方法を会議中のLの一族と、世界を股に掛ける大泥棒・円城寺豪(市村正親)。いつになく真剣な一族の様子から、ミッションの困難さが感じ取れる。さらに、目の前の何かに驚く華、和馬、杏の家族ショットも。周囲の人々からも、異国の雰囲気が感じ取れるカットとなっており、海外での壮大な物語に期待が高まる。

 

 

「劇場版 ルパンの娘」
2021年10月15日(金)全国ロードショー

出演:深田恭子、瀬戸康史、橋本環奈、小沢真珠、栗原類、どんぐり(竹原芳子)、観月ありさ、市村正親、藤岡弘、、大貫勇輔、小畑乃々、太田莉菜、マルシア、信太昌之、我修院達也、麿赤兒、渡部篤郎

監督:武内英樹
脚本:徳永友一
原作:横関大「ルパンの娘」シリーズ(講談社文庫刊)

公式HP:https://lupin-no-musume-movie.com/
公式Twitter:@lupin_no_musume
公式Instagram:lupin_no_musume

©横関大/講談社 ©2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会