STU48が9月12日(日)、広島県・サンプラザホールにて昼夜2公演を開催。夜公演「STU48 2021夏ツアー打ち上げ?祭(仮)」のレポートを以下に掲載する。

 

7月17日(土)からスタートした、STU48夏のツアー。最終日となった昼公演「STU48 2期研究生 夏の瀬戸内ツアー〜昇格への道・決戦は日曜日〜」では、2期研究生全員の正規メンバー昇格が発表されていた。

 

「Overture」と共に全員が登場した夜公演は、「2期生昇格おめでとう」と映し出されたビジョンと銀テープの打ち上げによる祝福モードでスタート。「ペダルと車輪と来た道と」「会いたかった」「Everyday、カチューシャ」「ナギイチ」と4曲続けて全員で元気よくパフォーマンス。

 

その後のMCでは、立仙百佳が「昇格できて本当にうれしいです。これからもみんなと一緒に力を合わせて頑張っていきます」と改めて気持ちを伝える。そこから瀧野由美子の「夏ツアー打ち上げ祭はここからが本番じゃけー!!」の合図と共にハッピを着たメンバーが登場し、企画コーナーへ。

 

打ち上げ祭らしくカラオケや即興パフォーマンスなど、いつものコンサートとは違う遊び心を盛り込んでファンと共に楽しんだ。企画コーナー後は「僕らの春夏秋冬」「サングラスデイズ」「思い出せる恋をしよう」と3曲続けて全員で披露。「奇跡という名のストーリー」で本編を締めくくった。

 

アンコールでは、夏らしく全員浴衣でうちわを持って登場。観客の手拍子に合わせカウントするとデジタル花火がモニターに映し出され、「僕の打ち上げ花火」を元気いっぱいにパフォーマンス。観客のテンションも高まる中、ラスト曲「夢力」を披露する。

 

キャプテンの今村美月から締めの挨拶があり、幕を閉じるかと思いきや、映像が流れ始めて7thシングルに関する発表に。初選抜に選ばれた小島愛子は「現状に満足せずに頑張っていきます」と涙ながらにコメントした。

 

そして、最後は岡田奈々から兼任解除の発表が。「立ち上げからかかわってきたSTU48を離れるのは寂しいです。伝えたいことはいっぱいありますが、STU48は私にとってずっとずっと大切な宝物です」とファンへ思いを伝えた。

 

すでに解任を知っていたはずの甲斐心愛は悲しさが隠しきれない様子で、「本当に解任なん?」と何度も問いかける場面も…。メンバーからの思いも受け取りつつ、岡田は「奈々だけに7枚目シングルも全力で頑張ります」と明るく締めて、公演の幕を下ろした。

 

WEB

公式サイト:https://sp.stu48.com/

©STU