ハロー!プロジェクトから選抜されたダンス好きなメンバー6人が出演するバラエティ『ハロプロダンス学園』(ダンスチャンネル 後11・30 ほか)の最新シーズンが、10月21日(木)スタート。そこでTV LIFE webでは2回にわたって出演者のインタビューをご紹介! インタビュー第1弾は、石田亜佑美さん(モーニング娘。’21)、佐々木莉佳子さん(アンジュルム)、稲場愛香さん(Juice=Juice)に「振り入れが早いメンバーは?」など、ダンスにまつわる質問をぶつけてみました!

 

◆これまで2チームに分かれてベリーダンス、コンテンポラリーダンスのレッスンを受けたり、タップダンスを1日で習得するなど『ダンス学園』のメンバーがさまざまなジャンルのダンス経験を積んできたダンスバラエティがシーズン6に突入しました。ダンサー・振付師として活躍するRuuさん率いる女性ダンスクルー「Fabulous Sisters」とコラボした初回収録を終えて、いかがですか?

 

石田:今回挑戦したダンス、そしてFabulous Sistersの皆さんのエネルギ―がすごくて、こんなに近くでお手本を見学できたことや一緒に踊ることができて光栄に思いました。とても刺激のある1日だったので、収録が終わって何かが抜けていったように、どっと疲れを感じています(笑)。

 

稲場:Fabulous Sistersのダンスを見て、“心が震える”ってこういうことなんだと思いました。歌詞や演技のように言葉を使わなくても伝わるものがあって、踊りだけで人の気持ちを動かすことができるってすごいなと。あらためて私はダンスから伝わるパワーが大好きだなと思ったので、その気持ちで皆さんと一緒に踊ることができて、うれしくて幸せでした。

 

佐々木:どうしてこんなに上手で魅力的なのか、なぜ自分の見せ方を的確に把握しているのかといったダンスに関することはもちろん、これまでどういうふうに生きてきたのかまで気になってしまうくらい、本当にすてきで。コラボさせていただくにあたって動画を拝見したのですが、実際この目で見たらより迫力があってカッコ良かったです。

 

◆今回は「Fabulous Sisters」の演目を『ダンス学園』仕様にアレンジ。印象的だった振付やダンス、また今後のステージに生かしたいことはありましたか?

 

稲場:内側から湧き出るような女性のカッコ良さを表現した振付でした。どうしても力強い振付になると男性的な要素が多くなるんですが、Fabulous Sistersの動きには女性らしさが抜けてなかったです。

 

石田:私が感動したのは、Ruu先生の「ここはポーズして」というひと言で、Fabulous Sistersの皆さんが一斉に腰を動かし、胸を張って瞬時に自分の“一番カッコいい姿勢”を作られていたこと。その一瞬で見せる爆発力が自分の力になったらいいなって思います。

 

佐々木:やっぱりパワーがすごくて。Fabulous Sistersのダンサーさんは筋力があるので、単純に腕を伸ばしただけでもパワーがある振り付けになるんです。だからダンスのために身体を鍛えることも大事だなと、あらためて感じました。

 

稲場:それから、自分だけが満足のいくダンスをしてもいいものはできないと思うので、余裕ができたら周りを見ていきたいです。そういった“みんなで一つになること”は、普段のグループ活動においても一体感を作る上で持ち帰れる部分かなと思います。

 

◆初回収録の反省や仕上げの収録に向けての改善点はありますか?

 

石田:今回は振り付けをパーツで覚えてしまい、ただあやつり人形みたいに動いているだけだったので、最終的にはしっかり音と合わせて自分が気持ち良くなるぐらいまで持っていきたいです。

 

稲場:全体的に筋力のいる振り付けが多かったので、とにかくがむしゃらに踊ってしまいました(笑)。もっと曲の流れ、全体の構成などを考えて抑揚のあるダンスを研究して、冷静に踊れるようになりたいです。

 

佐々木:私は単純にできないところが1か所あったので悔しかったし、そのせいで気持ちが焦っているところもあって。全体の仕上げまでは日にちがあるので、次回までに自分が気になる箇所をちゃんとクリアした状態で挑みたいです。そしてFabulous Sistersの皆さんのカッコ良さばかりに目がいきがちだったので、ちゃんと自分を見て、自分のダンスを感じて修正していこうと思います。

 

◆これまでのシーズンの中でも“最高難度”と言っても過言ではなさそうなダンスに挑戦していますが、『ダンス学園』に出演する石田さん、加賀楓さん(モーニング娘。’21)、佐々木さん、稲場さん、秋山眞緒さん(つばきファクトリー)、平井美葉さん(BEYOOOOONDS)の中で、このダンスが一番向いていそうなメンバーは?

 

稲場:やっぱりFabulous Sistersのダンスのジャンルの一つ、WACCK経験者のまおぴん(秋山)はカッコ良かったですね。

 

石田佐々木:カッコ良かった!!

 

稲場:ダンスを見た瞬間から、まおぴんに似合いそうって思いました。

 

◆ちなみに振り入れが早いメンバーは?

 

稲場:莉佳子ちゃん!

 

佐々木:いやいや、その日の調子にもよるんですけど…。

 

石田稲場:それは分かる!!(笑)

 

佐々木:ダンスを覚えるのは好きですが、頭が回らない日は全然入ってこないです(笑)。今回は常に緊張感もありましたし、早く覚えて自分のものにしたいっていう思いもあったのが良かったのかもしれないですね。

 

◆放送が始まるころにはツアー「続・花鳥風月」がスタートしています。読者にメッセージをお願いします!

 

佐々木:私もめちゃめちゃ楽しみです。「続・花鳥風月」が決まった時、メンバーもファンの皆さんもすごく喜んでくれました。それほど花鳥風月4チームをそれぞれ愛してくださってたんだなって思ったら、本当にうれしくて。前回のコンサートを超えるものを作れたらいいなと思っています。『ダンス学園』の6人はチーム風のメンバーでもあるので、どんどん仲良くなっちゃう。番組では、より絆が深まってお互いに支え合ってるところなど、ダンスだけじゃない私たちの一面も見られるんじゃないかな。

 

稲場:「花鳥風月」は毎公演燃え尽きて、いつも心地いい疲れと“生きてるな”っていうのを実感するコンサートでした。「続・花鳥風月」も12月の頭まで続く長いツアーになりますが、1公演1公演楽しみながらみんなで力を合わせて頑張りたいです。一方で『ダンス学園』では弱音を吐いたり、かなり苦戦している私たちの姿が映っているはず。ファンの方々の言葉で表すなら「いつもキラキラしてる」私たちでも、壁にぶつかることがいっぱいあるので、皆さんも“一緒に頑張ろう”って前を向いてもらえたらうれしいです。

 

石田:コロナ禍で配信ライブの機会も増えましたが、私はどうしても目の前にお客さんがいない空間が苦手で。だからファンの方が会場にいるコンサートができることが本当にうれしくて仕方ないので、心から楽しんでいただける公演をお届けしたいです。でもやっぱり外に出るのが難しくて公演を見に来ることができない人もいると思います。そんな方には『ダンス学園』を通して、ひたむきにダンスと向き合う私たちのエネルギーを感じてほしいです。

 

PROFILE

石田亜佑美
●いしだ・あゆみ…1997年1月7日生まれ。宮城県出身。O型。モーニング娘。’21のメンバー。

 

佐々木莉佳子
●ささき・りかこ…2001年5月28日生まれ。宮城県出身。A型。アンジュルムのメンバー。

 

稲場愛香
●いなば・まなか…1997年12月27日生まれ。北海道出身。B型。Juice=Juiceのメンバー。

 

番組情報

『ハロプロダンス学園 シーズン6』
ダンスチャンネル
初回放送:2021年10月21日(木)後11・30〜 ほか
Amazon Prime Videoチャンネル「ダンスチャンネル オンデマンド」
2021年10月22日(金)〜配信開始

<出演者>
MC:タイムマシーン3号(関太)

石田亜佑美(モーニング娘。’21)、加賀楓(モーニング娘。’20)、佐々木莉佳子(アンジュルム)、稲場愛香(Juice=Juice)、秋山眞緒(つばきファクトリー)、平井美葉(BEYOOOOONDS)

 

photo/徳永徹 text/山下紗貴