SNS総フォロワー数19万人を超える、注目のコスプレイヤー・高嶺ヒナが、1stフォトブック「Lalka 〜偶像少女〜 HINA TAKANE PHOTOBOOK」を12月22日(水)に発売する。それに先駆け、書影とアザーカットが公開された。

 

まるで人形のように完璧なビジュアルで、若者から絶大な支持を受ける現役女子大生コスプレイヤー・高嶺ヒナ。完璧に作り上げられたビジュアルと、コスプレへのストイックな姿勢、発信するメッセージが若者から熱狂的な支持を得ている。

 

人気曲「うっせぇわ」(Ado)のMVに登場するキャラクターコスプレを発表すると、瞬く間に24万「いいね!」を記録。Twitterで月間最高4,000万インプレッションを獲得するなどの快進撃により、一部では「令和のバズ女王」とも呼ばれている彼女による1stフォトブックの書影が公開された。

 

本作では、謎に包まれた生い立ちから、学生制服、白衣、ゴスロリ、ドール系、スクール水着といった、圧巻のコスプレを披露。今回同時に公開されたアザーカットでも、その片鱗をうかがい知ることができるだろう。

 

また初公開情報も満載で、すっぴん姿・メイク術、体重、身長、スリーサイズ、さらには足・足首サイズを明記した体形データも掲載。“完全なる偶像美”、高嶺ヒナの全てを知ることができる一冊が完成した。

 

本作の冒頭で、彼女は「“高嶺ヒナ”は僕の理想を体現した究極の創作物であり、加工も含めた完全無欠の偶像だ。人間は感情や嗜好によって美しさの尺度が変わりがちだけど、高嶺ヒナだけは絶対美として君臨し続ける『作品』なのだ」と語っている。

 

「Lalka 〜偶像少女〜 HINA TAKANE PHOTOBOOK」冒頭文(抜粋)

“空っぽな有機物は、完璧な無機物に敵わない——— ”僕は常々そう思っている。こんなことを言うと反感を買いそうではあるが、考えても見てほしい。動かない、喋らない、どの角度から見ても完璧な造形美を持つドールと、容姿の美醜に関わらず、自分は何も行動すら起こさず、他人の悪口で盛り上がる人間が居たと仮定する。比較するのは変かもしれないが、幾ら容貌が美しくとも中身がマイナスポイントなのであれば、いっそのこと中身がなく、「美」に特化したドールのほうが素晴らしいモノのように感じてしまう。

“高嶺ヒナ”は僕の理想を体現した究極の創作物であり、加工も含めた完全無欠の偶像だ。人間は感情や嗜好によって美しさの尺度が変わりがちだけど、高嶺ヒナだけは絶対美として君臨し続ける「作品」なのだ。

 

書誌情報

高嶺ヒナ 1stフォトブック/「Lalka 〜偶像少女〜 HINA TAKANE PHOTOBOOK」
2021年12月22日(水)発売予定

定価:2,750円(税込)
出版社:扶桑社

予約リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/4594090311/
※通常版のみ受付中