玉城ティナが監督・脚本、琉花、奥平大兼がW主演を務めるショートフィルム「物語」の作品ポスタービジュアル、場面写真が解禁。さらに、インタビューも到着した。

「物語」

「物語」は、2022年2月6日(日)よりWOWOWで放送・配信される青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山、前田敦子の人気俳優5人がショートフィルムの監督に挑戦するプロジェクト『アクターズ・ショート・フィルム2』の一作品。

 

WOWOWが開局30周年を記念して行ったプロジェクト『アクターズ・ショート・フィルム』は、予算・撮影日数など同条件で、5人の俳優たちが25分以内のショートフィルムを制作。世界から6000本超のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」(SSFF&ASIA)のグランプリ“ジョージ・ルーカスアワード”を目指すという企画だ。

 

高層ビルに囲まれた都会の雑踏をひとり音楽を聴きながら歩いている少女・里奈(琉花)が、向かった先は、何もない真っ白な部屋。その部屋には、ものいわぬ美少年の裕也(奥平)が、ひとりベッドに横たわっている。そのベッドのかたわらで、里奈は裕也に向かって自分の装わない気持ちを問わず語りに語り出す。二人のスリリングな関係の行方は…。

 

解禁となったポスタービジュアルには、アンニュイな表情を浮かべる里奈と目をつむりベッドに横たわる裕也の姿が。少女は一体どのような感情を胸にこの真っ白な部屋にたどり着き、なぜ彼に自分の気持ちをぶつけるのだろうか。

 

今回が監督初挑戦となる玉城だが、琉花について「作品について細かく話す機会を事前に設けていただき、安心して撮影に臨むことができた」と語り、奥平についても「撮影前に監督と役のイメージを明確にすり合わせることができました」と振り返る。

 

またも、「些細なことでも感じた違和感や疑問点は都度率直に伝えるよう心掛けていた」と話り、制作に携わる全員が同じ方向を見られるようにビジョンを共有しながら一丸となって撮影を進めていたようだ。

 

玉城ティナ コメント

◆「物語」が完成した今、率直なお気持ちを教えてください。

脚本執筆に始まり、キャスティング・撮影・編集と時間を掛けて作品に向き合ってきたのですが、実はまだ実感が湧いていない部分もあるんです。これから徐々に感じていくことの方が多いのかなとは思いますね。まずは、主演を務めていただいた琉花さんと奥平さんに作品を観ていただいて、どう感じていただけるか感想を聞いてみたいです。

 

◆今回脚本も担当されていますが、どのようなところからこの「物語」という作品の着想を得たのでしょうか。

自分にとって身近なことを描きたいなと思っていたんです。何か取材をしたりしなくても、自分の中で組み立てられるお話がいいかなと思って。なので、主人公の里奈(琉花)は私と同じく人前に立つ職業の設定にしました。折角だったら、自分の職業や経験を生かせるようなキャラクターの方がリアルで面白いんじゃないかなと思ったんですよね。その上で、コミュニケーションや人と人とのつながりというものを題材として扱ってみたいな、という想いがあり、身の回りで起きていることや関心事を脚本に反映していきました。

 

◆初めての監督挑戦となりましたが、大変だった・難しかったところはどのようなところでしょうか。

撮影中は、自分の直観や感覚に判断を委ねるところもあって、そこまで悩むということはなかったんです。一方で、その後の編集作業に関しては、撮影から一呼吸置いて、構成のパターン数も無限に考えられたので悩む部分もありましたね。

 

選ぶテイクによって雰囲気も大きく変わりますし、シーンをつなげてみないと分からないこともたくさんあるんだなと思いました。でも、ひとつピースがはまれば、こういう方向がいいな、と自分なりの答えのようなものが導き出されていったので、難しくもありとても楽しい工程でした。

 

◆琉花さん演じる里奈と奥平さん演じる裕也は対照的な役柄かと思いますが、役柄や作品に関してどのようなお話をされましたか。

里奈は自分の想いを裕也に吐露していくのですが、その一方で裕也は言葉を全く発さない役なんです。本当に正反対の役柄で、対照的ですよね(笑)。私が初監督ということもあり、些細なことでも感じた違和感や疑問点は都度率直に伝えていきましょう、と琉花さん・奥平さんとも、現場の皆さんとも話していたんです。なので、撮影前の本読みの段階から、しっかり方向性や役柄のテンションを擦り合わせることができたのかな、とは思います。琉花さんとは台詞のニュアンスを確認して、言い回しや語尾なんかを変えた部分もありますし、奥平さんとは瞬きの速度だったり、目線の角度であったり身体的な表現に関して話し合いましたね。お二方とも本当に真摯に作品に向き合っていただいて演技面での不安というのは全くなかったですし、この役を演じてくださったことにあらためて感謝しています。

 

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

あまり身構えずに作品を観ていただきたいのですが、自分ごととして捉えながら観ていただけたらと思います。そして、自分と重なる部分であったり、せりふの中で心に残るものが何かひとつでもあったら、うれしいです。私ができることは全てこの作品に込めたと思いますので、ぜひご覧いただけたらと思います。

 

琉花 コメント

◆本作が本格的な俳優デビュー作とのことですが、いかがでしたか。また、玉城監督とどんなやりとりをなさった上で実際の撮影に臨まれましたか。

 

台本を頂いてせりふの分量が多いのがとにかく心配だったのですが、顔合わせの時に玉城監督から「言葉などはあまり気にせず、自分のやりやすいようにやってもらえたら…」というお言葉を頂きとてもホッとしました。

 

撮影の前に監督が何度か動きやせりふの部分を確認する時間を設けてくださったので安心して撮影に臨むことができました。

 

◆奥平大兼さんとの共演はいかがでしたでしょうか。長いせりふの多い里奈とは正反対で、奥平さん演じる裕也はまったくせりふのない役柄でしたが、撮影の際の感想などありましたら、お教えください。

今回初めてお会いしたのですが、横に居ていただけるだけですごく安心感がありました。

 

里奈とは対照的でせりふがない役でしたが、奥平さんにしか出せない存在感があり、不思議な空気感でした。また、休憩時間に玉城監督と奥平さんと3人で話したことも良い思い出になりました。

 

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

初めての経験だらけだったのですが監督、撮影チームの方々にたくさん助けていただき、無事撮影を終えることができました。映像含めとてもすてきな作品が仕上がっていると思います。ぜひいろいろな世代の方に観ていただきたいです。

 

奥平大兼 コメント

◆今回せりふがない主演という難しい役柄だと思いますが、玉城監督とは撮影前にどんなお話をなさりましたか。また、そちらを基に、どのように実際の撮影に臨まれましたか。

せりふがないということでお芝居は仕草や表情で役を表現する必要があると思い、衣装合わせの時に玉城監督に監督の役に対する考え方と自分が思う役に対する考え方やイメージを話し合ったりしました。監督の思うことを詳細に聞けたので僕も分かりやすかったですし、自分の意見も素直に監督に伝えることができました。

 

そのおかげで現場に入る前には役に対するイメージが明確になり、すんなり入れました。

 

◆撮影で特に印象的だったエピソードやシーンなどありましたら、お教えください。

撮影をしていた部屋がとても印象に残っています。

 

真っ白な部屋で、初めて踏み入れたのになぜか落ち着く特別な雰囲気がありました。

 

今回は何よりせりふがないという部分も印象に残っています。

 

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

この作品は、とても不思議な世界観を感じることのでき、どこか救われるような一面もある作品になっていると思います。

 

裕也という役を演じてみて最後のシーンはメッセージ性がありいろいろな考察ができると思うのでぜひその辺にも注目してもらえたらうれしいです。

 

「物語」ティザー映像

作品情報

『アクターズ・ショート・フィルム2』

WOWOW

2022年2月6日(日)後5・00 放送・配信予定

監督:青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子(※五十音順)

 

番組オフィシャルサイト:https://www.wowow.co.jp/movie/asf/

公式Twitter:https://twitter.com/asf_wowow