フジテレビでは4月期の月9ドラマとして、綾瀬はるか主演の痛快リーガルミステリードラマ『元彼の遺言状』を放送することが決定した。

綾瀬はるか

 

原作は、宝島社主催の2021年第19回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した新川帆立による同名小説。著者自身が現役弁護士(受賞当時)であることもあり、法律を熟知しているからこその緻密に練られたシナリオと、ぶっちぎりにキャラの強い主人公像、斬新な事件アプローチ手法が選考委員たちをうならせ、満場一致で大賞に選ばれたという。

 

そんな本作の主人公は、大手弁護士事務所に勤める超優秀弁護士・剣持麗子。クライアントの実利のためには手段を選ばない剛腕さで優秀な成績を収めていたが、あまりの剛腕さで問題を起こしてしまい、ボーナスの減給を言い渡される。その処遇に怒り心頭の麗子は、「こんな事務所、やめてやる!」と上司の前で啖呵を切ってしまい…。

 

不本意な突然の休暇を手にいれた麗子は、怒りが冷めると同時に一抹の寂しさを覚え、知り合いに連絡を取ろうと思いつく。そして、昔交際していた栄治のことを思い出しメールを送るが、代理人から「栄治は死んだ」という返信が。その後、放心状態の麗子のもとにかかってきた1本の電話が、彼女の人生を変えてしまうという物語だ。

 

栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という、犯人だけがその財産を譲り受けられるという奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して分け前を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。そんな話題作が、このたび綾瀬はるかを主演に迎え、月9ドラマとして映像化されることに。原作の世界観はそのままに、ドラマオリジナルのエピソードも描いていく。

 

狙ったお金をめがけて突き進む麗子だが、なぜか毎度殺人事件に出くわし、法的視点で事件を渋々解決する羽目に。ただ、どんなに難事件だろうが彼女は絶対に諦めない。うっ屈した現代社会をスカッと吹き飛ばす、痛快推理劇が幕を開ける。

 

原作者の新川は、自著に対して「欲しいものは自分で手に入れる。男が何度変わっても、女ともだちは変わらない。そんな女たちの、当たり前の日常を伝えたくて書きました。令和の女は強いぞ!」とコメント。今回の映像化に当たっては、「綾瀬さんは主人公のイメージにぴったりです。どのような演技を見せてくれるか楽しみにしています」と喜びのメッセージを寄せた。

 

また、演出は『HERO』シリーズ(2001年、2014年)などの大ヒット作品を数々手がけてきた鈴木雅之。これまで、綾瀬の出演作として『太閤記 サルと呼ばれた男』、映画「HERO」、木曜劇場『鹿男あをによし』、映画「プリンセス トヨトミ」、映画「本能寺ホテル」の5作品でメガホンを取り、今回が6度目の演出となる。

 

発表にあたり、本作が月9初主演となる綾瀬は「初の弁護士役ですが、私が演じさせていただく剣持麗子は、クライアントを守ることにもその見返りにも貪欲で、全力疾走している感じです」と。

 

続けて「勝つためにはどんな手も使い突き進む型破りなキャラクターの麗子と痛快な物語に毎週スカッとする、視聴者の皆様の明日の活力になるような作品にしたいです。ぜひ楽しみにしていて下さい」と意気込みを寄せた。

原作書影

 

第1話あらすじ

剣持麗子(綾瀬はるか)は国内大手「山田川村・津々井法律事務所」で働く敏腕弁護士。敏腕ではあるものの、手段を選ばない剛腕さが仇(あだ)となり、クライアントともめてボーナスカットされることに。処遇に憤慨ししばしの間休職することになった剣持のもとに、この上ない一獲千金のチャンスが訪れる。

 

謎の男・篠田から、大学時代に半年だけ付き合った元彼・森川栄治が永眠したという連絡が入ったのだ。栄治には巨額の遺産があり、さらに、「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残していた。剣持は篠田を“殺人犯”に仕立て上げ、共謀して遺産を山分けする計画を立てるが…。

 

番組情報

『元彼の遺言状』

フジテレビ系

2022年4月放送スタート

毎週月曜日 後9・00〜9・54

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/motokare/

 

©フジテレビ