百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が主演を務める土ドラ『僕の大好きな妻!』(フジテレビ系 午後11時40分〜深0時35分)が、6月4日(土)に放送スタート。それに先駆け、百田に自身の役柄や撮影時のエピソードなどを聞いたインタビューが到着した。

『僕の大好きな妻!』©東海テレビ

 

本作は、発達障害の特性がある北山知花(百田夏菜子)と、その事実を知り、戸惑いながらも向き合っていこうとする夫・悟(落合モトキ)が、多くの壁にぶつかりながらも、自分たちだけでなく周囲にも「お互いを思いやる」気持ちが広がっていく、今までにないラブストーリー。

 

今回、連続ドラマ初主演を務める百田に、知花という役や撮影時のエピソードなどを聞いたインタビューが到着した。

 

◆役のオファーをもらったときの感想は?

移動中の車の中で、マネージャーさんから「こういうお話をいただいたんだけど」と言われたのが最初ですね。原作である「僕の妻は発達障害」のお話の内容だけでなく、スタッフの皆さんの「障害」のことを逃げずにちゃんと視聴者に伝えたいという熱い想いも聞かせていただいて、とてもすてきだなと思いました。そんなスタッフの皆さんと一緒に、同じ気持ちで、この作品の世界に入りたいと思い、今回の役をお受けしました。

 

これまでドラマに出演した経験はそれほど多くないのですが、意外と奥さん役や、それどころかお母さん役もやらせていただいたことがあるんですよ!自分でも不思議だなって思っています。ただ、今回の知花は今までにない奥さん役なので、見ている方も新鮮に感じてくださるのではないでしょうか。

 

◆知花役を演じるにあたって、意識が変わったことはありますか?

撮影は終盤まで進んでいるのですが、今でも毎日いろんなことを考えて向き合いながら学ぶ日々です。私の中で変わったこととしては、人間観察をするようになったこと。ちょっとした失敗をしてしまったとき、その人がどう反応するのか、周囲の人はどんなリアクションをするのか、さらにその様子を見た自分(百田)がどんなふうに感じるのか。1つの事柄でも、そんなふうに多面的な気持ちをキャッチするようになりました。

 

『僕の大好きな妻!』©東海テレビ

 

◆知花を演じる上で、心がけていることは?

発達障害は、100人いれば100通りの特性があると言われるくらい、人によって違いがあるそうです。ドラマの中での知花の特性は、物事を決められた順番通りに進められないと混乱してしまったり、言葉を額面通りに受け取ったり、人の気持ちを察するのが苦手だったりすること。私自身は頭の中で考え、言葉を選んで話すほうなので、せりふを言う際は、“知花として感じたことがパッと口から飛び出てくる”そんなイメージを大切にして、知花を演じています。

 

それと、基本的に知花はとても明るくてエネルギッシュな女性なんですね。自宅のシーンでも階段を駆け上るシーンが何度もあったり。そういう知花の魅力が演じていてもとても楽しいのと、台本の知花のパワーにちょっとついていけなくなりそうな時もあって(笑)。私も頑張ってついていかなきゃって思っています!

 

◆夫役の落合モトキさんの印象は?

今回のドラマで初めてお会いしたのですが、初対面の日がリハーサルだったので、お互いの戸惑いが全面に出てしまって…。監督も交えて「夫婦の形を、もう少し深めていかないと」という話をしたのを覚えています。

 

スタッフさんからは「スマホの待ち受けを、2人のツーショットにしてみたら?」なんて案も出ましたね。ちなみに落合さんは、私のライブ映像をたくさん見てくださったそうです。そうやって少しずつ打ち解けて、今はとても気さくにお話しできるようになったと思います。

 

◆百田さんから見た悟の魅力とは?

ちょっと不器用なところもある悟ですが、知花のことをとても大事に思ってくれている、思いやりのあるすてきな旦那さんです。

 

不器用なところも可愛らしいというか、完璧ではないという人間らしさも愛おしく思えますね。知花を演じていても、悟がいるととても安心感があるんです。

 

もし「理想の旦那さんランキング」みたいなものがあったら悟はランクインするのではないかと、私は勝手に思っています(笑)。

 

ドラマを見ていただくと、男女を問わず悟の魅力に惹かれるんじゃないでしょうか。

 

『僕の大好きな妻!』©東海テレビ

 

◆では、知花と悟は理想の夫婦?

お互いを思い合いながら進んでいく知花と悟は、理想的な夫婦ですよね。読み合わせをした際、いろんな方に「(知花と悟が)お互いをとても愛おしいを思っているという気持ちを、常に持っていてほしい」と言っていただいたんですけど、そんな気持ちを大切にしながら、日々撮影に臨んでいます。

 

◆主題歌も、ももいろクローバーZですね!

はい。5月にリリースされた私たちのアルバム「祝典」に収められている曲、「なんとなく最低な日々」が主題歌になります。

 

これまでずっとメンバー同士で、「いつか誰かが映画やドラマで主役を演じる際は、ももクロで主題歌を歌いたいね」と話していました。今回主役をやらせていただいて、主題歌がももクロの曲に決まった時は、私だけでなくメンバーもとても喜んでくれました!

 

◆演技と歌、似ているところは?

演技の面白さって、自分以外の人になれるところだと思っています。そこには必ず、自分には見えなかった世界が広がっていますし、まるで別人のような言葉を話したりもする。そういう点が、演技ならではの面白さですね。ただ、言葉に想いを乗せて見る人や聞く人に届けるという意味では、演技も歌も同じじゃないかなと思います。

 

『僕の大好きな妻!』©東海テレビ

 

◆視聴者へメッセージをお願いします!

第1話の最後に、「私が見ている世界と悟が見ている世界は違っていて当たり前だけど、思ったよりもっと違ってた」というシーンがあるのですが、そこで知花が、2人で前向きに歩いていきたい、という自分の想いをまっすぐ悟に伝えるんです。その時の知花が強くて格好いいなって。そんな知花の想いが見ている方にも伝わるといいなと思います。

 

共演者の皆さんやスタッフの皆さんと一丸になって、現在撮影しているので、ドラマを見て、優しい世界がどこかでつながっていくそのきっかけになれたら。一生懸命つくっているので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います!

 

あらすじ

新婚ホヤホヤの知花(30)と悟(30)は、新居に引っ越してきた。

 

あわてんぼうな知花とマイペースな悟はお互いにツッコミ合って笑う、ささやかで幸せな日々を迎えている。しかし次第に、部屋の散らかりっぱなし、約束忘れ、これは嫌がらせ? と思う違和感が表出してきて……。

 

ある日、悟が帰宅すると、知花はいつにない様子。仕事をクビになったという知花は、なぜ自分がうまくこなせないのか悩み、自分と似ていると思った「発達障害」の検査を受けることに。

 

その結果を聞いた知花と悟は、周りの人々に見守られながら、それぞれ思いがけない行動に出る。

 

番組情報

土ドラ『僕の大好きな妻!』

東海テレビ・フジテレビ系全国ネット

2022年6月4日(土)放送スタート ※全8回

毎週土曜 午後11時40分〜深夜0時35分

出演:百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、落合モトキ、徳重聡、結城モエ、古川毅 / 雛形あきこ、中田喜子、小倉久寛

 

©東海テレビ