トレードマークの金髪ショートと洗練されたビジュアルで人気を博す、篠崎こころのファースト写真集「ココロモヨウ」(秋田書店)が7月7日(木)に発売。合わせて、本人コメントが到着した。

 

篠崎こころ(しのざき・こころ)は7月7日生まれ、神奈川県出身。グラビア、モデル、DJ、コスプレなど幅広いジャンルで活動している。「第8回カバーガール大賞」では、同じ事務所(PPエンタープライズ)に所属する、えなこ、伊織もえに次ぐ第3位に入賞した。

 

そんな彼女のファースト写真集となる今作は、「ドール」をテーマに撮影。見知らぬ海岸に流れ着いた1体のドールは、心のおもむくままにさまざまな地をさまよい、大冒険の末、ついに運命的な出会いを果たす。しかし、そんな幸せが長続きするはずもなく……。

 

どこまでが現実で、どこからが空想なのか。そんな対となる2つの世界観が混ざり合うストーリーの中で、ドールであったはずの彼女の心が動き、揺れ、さまざまな感情が交錯する様子を「ココロモヨウ」として表現している。

 

実際に写真集では、感情をなくしたドールになりきる様子から、感情を持って動き出し、まるで一緒にデートしているような気持ちにさせる彼女感まで、いろんな姿を披露。

 

表紙は、新婚旅行に訪れた先で迎える1シーンにて撮影されたカット。真っ直ぐなようで、どこか儚げでもある彼女の眼差しが意味するところとは……。また裏表紙は、雨が降りしきる夜の路地にて撮影されたカット。壊れた傘と感情をなくしたかのような立ち姿が、物語の終幕としてあまりにふさわしすぎる1枚となった。

 

 

撮影場所やコンセプトも、今までのグラビアシーンでは見たことのないようなものばかり。スクラップ工場で鉄クズの中に埋もれているカットや、漁船で網に引き上げられるカット、他にもUFOキャッチャーの中に入っているカットなど、見どころ満載だ。

 

また、写真集のロケ地としてはおそらく史上初となる、和歌山県・友ヶ島での撮影も実施された。明治時代に使用したとされている砲台跡が観光名所となっており、それはまるで「天空の城ラピュタ」の世界のようだと言われるほど、神秘的でノスタルジックな世界観が広がっている無人島。

 

そんな友ヶ島でゴシック調の衣装を身にまとって撮影した、壊れかけのドールが動き出しているかのようなカットは必見だ。これまでのグラビア写真集界に一石を投じると言っても過言ではない、前代未聞の衝撃作が完成した。

 

今作について、篠崎は「ずっと目標だったファースト写真集の撮影のお話を聞いたのは撮影日まで1週間を切った日のことでした。事務所の社長が緊張してしまう私を思って、伝えるのを直前にしてくれたそうです」と明かす。

 

収録カットに関しては「遊園地で遊んだり、ウェディングドレスを着たり、UFOキャッチャーに入ったり変わったシチュエーションも多く、基本はドールを演じているんですけど笑っていたり、セクシーだったり多面性を楽しんでほしいです」とメッセージを寄せた。

 

篠崎こころ コメント

ずっと目標だったファースト写真集の撮影のお話を聞いたのは撮影日まで1週間を切った日のことでした。事務所の社長が緊張してしまう私を思って、伝えるのを直前にしてくれたそうです。
この写真集は「ドール」がコンセプトで、空想の世界と現実の世界が混ざり合って不思議なグラビアになっていて、とても気に入っています。
遊園地で遊んだり、ウェディングドレスを着たり、UFOキャッチャーに入ったり変わったシチュエーションも多く、基本はドールを演じているんですけど笑っていたり、セクシーだったり多面性を楽しんでほしいです。
衣装では素材がテカテカしたスクール水着が気に入っています。
誕生日の7月7日。自分でもまだ信じられないんですけど、写真集が出ます。
ぜひ楽しんでいただければうれしいです。

 

書誌情報

篠崎こころファースト写真集「ココロモヨウ」
2022年7月7日(木)発売

撮影:横山マサト
定価:2,700円+税
発売:秋田書店