実業家のイーロン・マスク氏は、現在報じられているグーグル共同創業者の妻との不倫報道を完全に否定するツイートを表明しています。

↑pantid123/Shutterstock.com

 

ことの始まりはウォール・ストリート・ジャーナルが、マスク氏がグーグル共同創業者ことセルゲイ・ブリン氏の妻であるニコール・シャナハン氏と、不倫関係にあったと報じたことです。なおブリン氏とシャナハン氏は2018年に結婚し、2022年1月に「和解し難い不和」を理由に離婚が申請されています。

 

そしてウォール・ストリート・ジャーナルの報道によれば、マスク氏は2021年12月にマイアミで開催されたアート・バーゼルにて「関係を持った」とされているのです。ブリン氏とマスク氏はこれまで親しい友人関係にありましたが、マスク氏はこの不貞についてブリン氏に「膝をついて許しを請いた」とのこと。しかしブリン氏は、マスク氏の企業へ対する個人的な投資を引き上げるように指示したことも報じられています。

 

 

一方でマスク氏は、今回の報道を完全否定。「ブリン氏とは今でも友人関係にあり、昨晩のパーティーでも会っていた。ニコール氏とは3年で2回しか会ったことがなく、どちらも衆人環視にあり、ロマンティックな状況は存在しなかった」とツイートしているのです。

 

マスク氏の私生活に関する報道は今回が初めてではなく、Business Insiderの報道によれば、テスラの元社員ことシボン・ジリス氏との間に双子をもうけていたことが判明しています。これにより、マスク氏は判明しているだけで9人の子どもがいることになります。もちろん彼が展開する素晴らしい事業と私生活には関係はありませんが、いやはや「英雄色を好む」、といったところでしょうか。

 

Source: Elon Musk/Twitter, The Wall Street Journal via The Verge