プレゼン中、想定外のことが起き、慌てたことはないでしょうか。スライドショーはリハーサルのように順調に進まないことがあります。右クリックでメニューを表示したり、デスクトップやスタートメニューに切り替えたりといった操作は、せっかくのプレゼンが精彩を欠いてしまいます。ショートカットキーで操作すれば、視聴者に操作の過程を知られずに作業を進めることができます。今回は、スライドショー実行中に利用するショートカットキーを紹介します。

20170309_y-koba_power1

 

1. スライドショーを開始する……F5キー

スライドショーを先頭から開始するときは、F5キーを押します。現在表示中のスライドから開始する場合は、Shift+F5キーを押します。

 

2.スライドショーを終了する……Escキー

スライドショーを終了するときは、Escキーを押します。パワポ画面に戻ります。

 

3.次のスライドに移る……Enterキー

次のスライドに移るときは、Enterキーを押します。指定したスライドに移る場合は、スライド番号を押したあとにEnterキーを押します。

 

4.前のスライドに戻る……Backspaceキー

前のスライドに戻るときは、Backspaceキーを押します。

 

5.レーザーポインターに切り替える

マウスポインターをレーザーポインターに切り替えるときは、Ctrlキーを押したままドラッグします。

 

6.ペンに切り替える……Ctrl+Pキー

スライドにペンで描くときは、Ctrl+Pキーを押します。ペンをやめる場合は、もう一度Ctrl+Pキーを押します。描いたペンの軌跡を消す場合は、Ctrl+Eキーを押します。

 

7.タスクバーを表示する……Ctrl+Tキー

タスクバーを表示するときは、Ctrl+Tキーを押します。

 

スライドショーで使うショートカットキーは、いかがでしょうか。ぜひ覚えて使えるようにしましょう。