ワードのテキストボックスの上下の高さを調整するとき、狭めすぎて文字が部分的に欠けてしまうことがありますね。文字と枠との空きは、実はテキストボックス内の余白設定で狭めることができ、1行だけなら行間隔を狭めて調整することも可能。枠内で文字を上下中央揃えにすることもできます。今回は、テキストボックス内での文字の配置を変えるワザを紹介します。

 

テキストボックス内の余白を狭める

テキストボックス内の余白を狭めるには、「図形の書式設定」画面の「テキストボックス」で余白を設定します。

101-01↑テキストボックスを選択します

 

101-02↑「書式」タブで「図形の書式設定」ボタンをクリックします

 

「図形の書式設定」画面が表示されます。

101-03↑「図形のオプション」 → 「レイアウトとプロパティ」をクリックし、「テキストボックス」の「上余白」や「下余白」で空きを設定します。「左余白」「右余白」で左右の空きを調整することもできます

 

テキストボックス内の空きが変わります。

101-04↑テキストボックス内の上下の空きを狭め、テキストボックスの高さも狭めています。背面のテキストボックスは、上余白を広げています

 

テキストボックス内で文字を上下中央揃えにする

テキストボックス内で文字の上下位置を変更するには、「文字の配置」ボタンから「上下中央揃え」などを選択します。

101-05↑テキストボックスを選択します

 

101-06↑「書式」タブの「文字の配置」ボタンから「上下中央揃え」などを選択します

 

テキストボックス内の文字の上下位置が変わります。

101-07↑文字が中央揃えに変わります

 

テキストボックス内の文字のレイアウト、いかがでしょうか。自由に文字を配置できるテキストボックスは見やすくするのがポイントです。ぜひ覚えて使ってみましょう。