モトローラは、SIMフリースマートフォンの新モデル「Moto Z2 Play」を国内向けに発表しました。同機は昨年発売された「Moto Z Play」の後継機。背面に「Moto Mods」と呼ばれるアタッチメントを装着でき、カメラやスピーカーの機能を強化できる“合体スマホ”です。

 

モトローラが展開する「Z」シリーズには、ハイエンドの「Moto Z」とミッドレンジの「Moto Z Play」の2種類がありました。今回発表された「Moto Z2 Play」は、後者の後継モデルで、ミッドレンジという位置づけです。価格は5万8104円で6月29日より発売予定。

↑「Moto Z2 Play」。CPUにはQualcommのSnapdragon 626(オクタコア、2.2GHz)を搭載。メモリは4GB、ストレージは64GBになり、従来機よりも処理性能は向上しています。OSはAndroid 7を採用↑「Moto Z2 Play」。CPUにはQualcommのSnapdragon 626(オクタコア、2.2GHz)を搭載。メモリは4GB、ストレージは64GBになり、従来機よりも処理性能は向上しています。OSはAndroid 7を採用

 

↑メタル一体型のボディは光沢感がある。背面下部には「Moto Mods」を装着する際の専用端子↑メタル一体型のボディは光沢感がある。背面下部には「Moto Mods」を装着する際の専用端子

 

同機は、従来機と同じ5.5型モデルで、フルHDのスーパーAMOLEDディスプレイを搭載します。カラーラインナップは「ルナグレイ」と「ファインゴールド」、「ニンバス」を予定。

 

筐体のデザインは、薄く軽くなりました。従来機は厚さ6.99mm、重量165g。一方の新モデルは1mm薄くなり、厚さ5.99mm、重量145gへと改良されています。

↑1mm薄くなった↑1mm薄くなった

 

薄くなった分、バッテリーは3510mAhから3000mAhへとサイズダウンしました。とはいえ、充分大容量ですし、急速充電に対応するので、スタミナの心配はないでしょう。具体的には、15分充電すれば、最長8時間駆動可能とのこと。

↑サイズはW76.2×H156.2×D5.99mm。コネクターはUSB Type-C↑サイズはW76.2×H156.2×D5.99mm。コネクターはUSB Type-C

 

1200万画素の背面カメラは、新たに「デュアル・ピクセル・オートフォーカス」を搭載。オートフォーカスに使用する画素数が従来機の約10倍になり、シーンを問わずに素早いフォーカスが可能となりました。また、「次世代レーザー・オートフォーカス」の併用により、暗い場所でもすばやく焦点を合わせられます。4K動画の撮影も可能。

↑カメラはセンサーを改良↑カメラはセンサーを改良

 

なお、端末を持ったまま手首をひねるアクションでカメラが起動するなど、「Motoエクスペリエンス」機能は従来モデルより踏襲しています。

↑指紋センサーはロック解除以外にも、ナビゲーションバーの代わりとして使用できるように改良された↑指紋センサーはロック解除以外にも、ナビゲーションバーの代わりとして使用できるように改良された

 

Moto Zシリーズの背面に装着できるアタッチメント「Moto Mods」としては、ワイヤレス充電に対応する「ワイヤレス充電キャップ」とバッテリー内蔵の「Turbo Power(ターボパワー)パック」が新たに発表されました。

↑従来機で使っていたModsを流用することも可能↑従来機で使っていたModsを流用することも可能(写真は「Hasselblad True Zoom」)

 

↑スピーカーモジュールも用意↑スピーカーモジュールも用意

 

周辺機器を含めると決して格安ではありませんが、“普通のスマホに飽きた”という人は、Moto Z2 PlayとModsを組み合わせて楽しんでみるのもいいかもしれません。