スズキは、1月にフルモデルチェンジを行なった「スイフト」に、駆動用モーターとオートギヤシフトを組み合わせたスズキ独自のハイブリッドシステムを搭載した小型乗用車 新型「スイフト HYBRID SG」「スイフト HYBRID SL」を追加。7月12日より発売した。

20170718_hayashi_LV_02

エクステリアはクロームメッキ加飾付フロントグリルを、内装にはブルーの加飾を施したシフトノブやブルーイルミネーションを備えたメーターを採用した。また、タコメーター内には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターを採用している。

20170718_hayashi_LV_03

新型「スイフト HYBRID SG」「スイフト HYBRID SL」に搭載したスズキ独自のハイブリッドシステムは、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU=Motor Generator Unit)と、軽量コンパクトで伝達効率に優れたオートギヤシフト(AGS)を組み合わせ、走行中に蓄えた電力をMGUに供給、モーターによるアシスト走行に加えクリープ走行時や一定速走行時にはエンジンを自動停止してEV走行も可能としている。100V高電圧リチウムイオンバッテリーを荷室床下に格納し、ボディサイズ、室内空間は標準のスイフトと同等のユーティリティを確保している。

20170718_hayashi_LV_04

2つの走行モードを設定し、スイフトならではのハンドリング性能はそのままに、32.0km/Lの低燃費と、AGSとMGUによるダイレクト感のある走りを両立させた。AGSをスイフト専用にチューニングとし、クラッチ切り離し時間を短縮して加速感を高めている。

 

「スイフト HYBRID SL」は、素早い加速感とスポーティーなシフトフィールを楽しめるパドルシフトに加え、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめとする先進安全技術や、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備した。

20170718_hayashi_LV_05

 

また、低燃費32.0km/L(JC08モード)を達成しつつ車重を1トン以下に抑えたことでエコカー減税の免税対象車にもなっている。