富士通は同社の人気デスクトップパソコンシリーズの最新モデル「ESPRIMO FH90/B2」を発売しました。本モデルはオーディオや映像などのエンターテインメント性を強化した、27型のフルHDディスプレイ一体型パソコン。これだけですべてをまかなえる、書斎・自室用として最適な1台となっています。

20170719_y-koba1 (1)↑シリーズ最新モデル「ESPRIMO FH90/B2」。価格はオープン(カタログモデルの直販価格は23万3085円)

 

本機では、CPUにインテルの第7世代(Kaby Lake)であるCore i7-7700HQを採用し、メモリは標準で8GBを搭載。申し分のない処理性能で、ヘビーな作業も快適に行えるスペックを備えています。

 

27型のディスプレイは広視野角かつ高輝度のIPS液晶を採用。本機は地上デジタル放送やBS・110度CSデジタル放送の視聴や2番組同時録画に対応しており、高画質な映像を存分に楽しめます。さらに、パイオニア製のハイレゾ対応大型スピーカーを搭載したことにより、高音質なサウンドを実現しています。

 

また、デスクトップPCとしての使い勝手を重視し、USBコネクタやイヤホンジャック、光学ドライブなどを前面に集中させたフロントパネルも本モデルの特徴となっています。

20170719_y-koba1 (2)↑ディスプレイ下に配置されたフロントパネル。ディスクの入れ替えもラクラク

 

20170719_y-koba1 (3)↑背面はスッキリしたデザイン。デスクトップとはいえ、省スペースな設計です

 

富士通の直販サイト「WEB MART」では、各種スペックをオーダーメイドすることが可能。CPUやメモリ、HDDのスペック、ダブル録画可能なテレビ機能の有無などを選択することができます(オーダーメイド可能なWEB MARTのモデル名は「ESPRIMO WF2/B2」)。

 

ハイレゾオーディオだけでなくテレビも視聴可能な本機があれば、自室にあれこれ置く必要がなく、省スペースでまかないたい人にはピッタリ! 書斎や自室で各種作業をこなしつつ、リラックスタイムには動画や音楽を楽しむなど多方面で大活躍する1台となっています。

 

【カタログモデル SPEC】
●OS:Windows 10 Home 64ビット版 ●プロセッサー:インテルCore i7-7700HQ(クアッドコア) ●メモリ:8GB ●HDD 3TB ●ディスプレイ:フルHD27型ワイド(1920×1080) ●大きさ・重さ:616×227×470mm・約12.5kg