日常生活でちょっとしたときにiPhoneからそのまま音楽を流すこと、ありませんか?

 

たとえば、料理中に音楽を流したり、面白動画を友人と一緒に見たり、もしくはクルマの中で好きな音楽を聞きたいけどiPhoneとシステムがつながってなかったり……。そんなとき、持ち運びのできる小型のBluetoothスピーカーがあれば問題ありませんが、あってもバッグに入れ忘れがち。

 

iPhone自体のスピーカーから流れる音質がもっと大きくできれば、音楽を流したいときに便利ですよね。実はいまその願望をかなえたiPhoneケースがIndiegogoに登場し、注目を集めているのです。

 

スピーカーになるバッテリー機能付きiPhoneケース「Duo Slim」

20170718_kondo2

「Duo Slim」は、なんとHi-Fiスピーカー機能を持つiPhoneケース。しかもそれだけでなく、Apple社のライトニングケーブルを使ってiPhone自体と「Duo Slim」のバッテリーを同時に充電することもできます。

 

「Duo Slim」をスピーカーとして使わないときは外付けバッテリーとして機能するので、電池の持ちを約8割も伸ばしてくれるのです。

 

20170718_kondo1

そして地味にありがたいのが、イヤホンジャックが備わっていること。そう、ひとりで音楽を楽しみたいときはみなさんのお気に入りのヘッドフォンが使えるのです。

 

20170718_kondo3

一台二役の「Duo Slim」に、「これは本当に楽しみにしてる! 似たようなキャンペーンでうまくいかなかったのがあったけど、これはバッテリー寿命も長いし、専用のアダプターも持ち歩かなくて良いし、実現してほしい!」と興奮の声が集まっています。

 

キャンペーンはまだ約1か月ほど残していますが、すでに目標資金を達成。一般での小売価格は1万6000円を予定とのことですが、いまIndiegogoで予約するとひとつ4300円で購入できます。ただしiPhone 7用で、海外発送料は別です。

 

iPhone 7+用は最も安いバーゲンが売り切れており、いまは6600円。発送は今年の10月を予定しています。もちろんクラウドファンディングなので、商品が本当に実現するかどうかはちゃんと見極めないといけません。

 

20170718_kondo4

しかし、Twitter上でも次々に予約購入者が「スマホ使って音楽を流す人はこれいいよ」と話題にしているところを見ると、かなり真剣に欲しくなります。ぜひ「Duo Slim」を使っているところを想像して、この感動を味わってみてください!

 

イヤホン+マイクが飛び出すバッテリー機能付きiPhoneケース「BB Case」

20170718_kondo6

同じくIndiegogoで発表されたのがこちらの「BB Case」。外付けバッテリーにもなっている点は「Duo Slim」と同じなのですが、こちらはBluetoothのイヤフォンとマイクが埋め込まれています。

 

急な電話にパッと出ないといけないのに、両手が塞がっていることってありますよね。イヤホンを付けるにも、時間がかかって面倒臭い。さっと手に取れてすぐに会話が開始できるようなイヤフォン+マイクがあれば、非常に助かります。ケーブルがないBluetoothだとなおさらいいですよね。

 

20170718_kondo7

しかし、そんなアイテムをじゃあどこに保管するのか。いつも手元にないと意味がないじゃないか、といった点もすっきり解決してくれているのが「BB Case」です。

 

20170718_kondo5

ケース裏側のクリップをパチっと押すとスティック状のBluetoothイヤホン+マイクが飛び出すので、それを耳に入れるだけですぐに使えます。ケースの外付けバッテリー、iPhone、イヤホン+マイク、すべてを同時に充電できるので、もうどれもバッテリー切れになって困ることはありません。

 

20170718_kondo8

ケース上部にはパチっと取り出せる小さなスタンドも備わっているので、画面を斜めにデスクの上などに置くことも可能。これも便利な機能ですよね。ひとつ約7700円でIndiegogoで購入ができます(海外発送料別)。当初は今年3月に発送の予定でしたが、いま少しずつ予約者の手元に届きつつある様子。感想が楽しみです。

 

生活の中心的なツールになったスマートフォンですが、それだけにバッテリーが切れるとすごく困りますよね。外付けバッテリーにもなっている、そしてプラスアルファの機能を持っているケースは今後も増えそうです。