いまや夏の定番となった「ケンタッキーフライドチキン」(以下:KFC)の「レッドホットチキン」。今年は6月22日に発売され、恒例のアツいシーズンがやってきました。楽しみにしていたファンの方も多いでしょう。でも、ちょっとお待ちを! 今年はそれだけじゃないんです。限定メニューがほかにも続々、さらには“お酒が飲める”店舗の出現など、昨今のKFCには注目すべき点がたくさんあるのです。今回はその現状を確かめに行ってきました!

 

辛さに磨きがかかった「レッドホットチキン」

まずはおなじみの…、と思ったら、ひと味違う!? 「レッドホットチキン」についての紹介を。実は「レッドホットチキン」は昨年リニューアルされたのですが、今年もそのおいしさを受け継いでいます。

↑こちらが「レッドホットチキン」(1ピース270円)。なお、7月19日でキャンペーン終了となりましたが、7月20日からも数量限定で販売継続中です↑「レッドホットチキン」/1ピース270円(※)

 

原料は国内産の若鶏を使用。厳選したチキンの旨みと、レッドペッパー、ホワイトペッパー、ハバネロといった、刺激的な香辛料を利かせたキレのある辛さが味わえます。ポイントは“肉の中から湧き出す”別格の辛さ。衣は専用の粉によるもので、「オリジナルチキン」よりもクリスピーな食感に。辛いものが食べたくなる夏にピッタリの、ヤミツキになるおいしさです。

↑サクッとジューシー、あふれ出る辛さ。ハマりすぎ注意!↑サクッとジューシー、あふれ出る辛さ。ハマりすぎ注意!

 

辛さの質が違う!? 新登場の「レッドホットシュリンプ」

お次は6月22日に初登場した辛い系メニュー「レッドホットシュリンプ」を味わってみましょう。こちらは中から辛さが出てくる「レッドホットチキン」とは異なり、後がけソースで辛さを完成させる商品。そのままでは辛くないので、「海老は好きだけど辛いのは苦手」という人でも楽しめます。

↑「レッドホットシュリンプ」(単品240円)↑「レッドホットシュリンプ」/単品240円(※)

 

チキンと比べてパリパリッとしたクリスピーさを感じられる衣の中には、プリプリのエビ。そしてソースは、辛さだけでなく甘さや酸味も感じられる、チキンとは一風変わったエスニックでスパイシーな味わいです。うーん、こちらも辛い。だがウマい!

↑パリッ・プリッの食感が楽しい。衣の中には手ごろな大きさのエビが詰まっていて、どこから食べてもプリプリ↑パリッ・プリッの食感が楽しい。衣の中には手ごろな大きさのエビが詰まっていて、どこから食べてもプリプリ

 

南国の風を感じる濃厚スイーツドリンクでひと休み

辛いもの続きで、少し甘いものが欲しくなってきました。そんなときには、こちらも期間限定の「クラッシャーズ マンゴー&マンゴー」(350円)がおすすめ。

↑「クラッシャーズ」はケンタッキーオリジナルの新感覚ドリンク系スイーツ。ほかにも「クッキー&クリーム」など3種類が販売中↑「クラッシャーズ」はケンタッキーオリジナルの新感覚ドリンク系スイーツ。ほかにも「クッキー&クリーム」など3種類が販売中

 

3種のマンゴー果肉が入ったソースによる、濃厚な“飲むスイーツ”。そのフルーティさは格別です。刻まれたパイナップルの果肉も入っていて、いい食感のアクセントに。

↑マンゴープリンもトッピングされていて、とても贅沢な味わい↑マンゴープリンもトッピングされていて、とても贅沢な味わい

 

都内で2か所だけ! KFCの新業態店はチキンでお酒を飲める

もしかしてお酒が好きな方なら、こう思ったことがあるかもしれません。「揚げたてのケンタッキーのチキンで、お酒を飲む事ができたら……」そんな夢のようなこと、叶う場所があるんです。それが、高田馬場と赤羽(ビーンズ赤羽)にある“飲めるKFC”。クラフトビールやワインなどバラエティ豊かなアルコールメニューがある、カフェ&バルスタイルの店舗です。

↑いまのところ関東では2店舗のみ、というとても珍しい業態。今回筆者がお邪魔したのは高田馬場店です↑いまのところ関東では2店舗のみ、というとても珍しい業態。今回筆者がお邪魔したのは高田馬場店です

 

さっそく一杯いただいてみました。高田馬場店では通常メニューに加えて、17:00からお酒や欧風料理などのバルメニューを提供しています。生ビールに始まり、常陸野ネストのクラフトビールなど、お酒のラインナップは実に豊富です。なかでも注目は、「カーネルハイ(460円)」。サントリーと共同開発したオリジナルで、“ケンタッキーフライドチキンに世界一合う”ハイボールなんです。

↑味の決め手はこちらの粉。これがイイ仕事をしています↑味の決め手はこちらの粉。これがイイ仕事をしています

↑レモンを浮かべて、清涼感たっぷり↑レモンを浮かべて、清涼感たっぷり

↑もちろん「レッドホット」シリーズとの相性は言わずもがな↑もちろん「レッドホット」シリーズとの相性は言わずもがな

 

店内は遊び心のある内装にソファ席などもあり、ゆっくりくつろげそうな印象です。いままで朝・昼のイメージが強かったKFCですが、これで夜も気兼ねなく行くことができますね!

↑レジはビアパブのようなスタイル↑レジはビアパブのようなスタイル

↑ハイチェアもあるので「ちょっと一杯」なんていうのも可能↑ハイチェアもあるので「ちょっと一杯」なんていうのも可能

 

今年の夏はレッドホットの辛さの合い間に、甘いマンゴーのクラッシャーズで“アメとムチ”を。そして高田馬場と赤羽なら、夕方からはキンキンに冷えたハイボールで最高のペアリングも味わえます! また、10月1日まで関東を中心とした一部店舗では「ザ・プレミアム・モルツ」も提供中。既存の枠にとらわれないケンタッキーの楽しみ方、みなさんもぜひお試しを!

 

【SHOP DATA】

ケンタッキーフライドチキン高田馬場店

住所:東京都新宿区高田馬場1-28-10

アクセス:JRほか「高田馬場駅」早稲田口徒歩1分

営業時間:7:00〜23:00(バルメニューの取り扱いは17:00〜23:00)

定休日:なし

 

※「レッドホットチキン」「レッドホットシュリンプ」は数量限定のため、販売を終了している場合があります。