人に接するとき、見た目以上に気を付けたいのがニオイ。ある調査では、ニオイがきつい人に対する印象として「減点要素になる」「一緒に仕事したくない」「不潔」など、手厳しい言葉が並んだとのこと。これは放ってはおけない問題です。

 

ニオイでのイメージ悪化を防ぐべく、いち早く「脱臭ハンガー」を試用!

筆者もニオイ対策として、洗濯のときは消臭効果をうたう洗剤や柔軟剤を使ったり、香り付け用ビーズを加えたりしていますが、対策に困るのはスーツやジャネットなど自宅で洗えない衣類のニオイ。しかも今の季節は汗のニオイも混じり合い、なんともいえない異臭に……。そのためうちの夫も、帰宅したらすぐにスーツに消臭スプレーをかけるなどして気を使っています。

↑夜遅くに聞こえるシュッシュッという音に哀愁を感じます。今日も一日お疲れ様↑夜遅くに聞こえる「シュッシュッ」という音に哀愁を感じます。今日も一日お疲れさま

 

そんな折、パナソニックが「脱臭ハンガー MS-DH100」(実売予想価格2万1380円)なるものを9月に発売すると発表。なんでも、衣類をハンガーにかけておくだけでニオイを消してくれるそうで、これが本当ならば非常に気になります。そこでさっそく実力を試すべく、発売の一足先に製品をお借りして使ってみました。

20170726-d3 (4)↑見た目は少しゴツいハンガーですが、いったいどのように脱臭してくれるのでしょうか。実力をチェック!

 

衣類をかけておくだけで微粒子イオンがニオイ物質を分解

使い方自体はとても簡単で、ハンガーにスーツのジャケットをかけて電源を押すだけ。するとハンガーから「ナノイーX」が放出され、汗やタバコ、焼き肉のニオイの原因物質を分解して脱臭してくれるという脱臭ものです。つまりこれは、ハンガーの形をした「ナノイーX」生成器というわけですね。

↑大きさは、W400×D88×H281㎝。質量は約520 g。一般的なハンガーに比べ、少し厚みがある以外は、ほとんど同じ大きさです↑大きさは、W400×D88×H281㎝。質量は約520 g。一般的なハンガーに比べ、少し厚みがある以外は、ほとんど同じ大きさです

 

ちなみに「ナノイーX」とは、パナソニック独自の微粒子イオン「ナノイー」に含まれるOHラジカルを、従来の約10倍生成するもの。OHラジカルにはアレル物質やウイルス、菌の活動の抑制、不快なニオイの脱臭、美肌・美髪効果など、様々な効果があるとされています。従来の「ナノイー」のOHラジカルの発生量は、毎秒4800億個ですが、「ナノイーX」はその10倍、つまり毎秒4兆8000億個も発生することになります。

 

つまり、この一見普通のハンガーから、すさまじい量のOHラジカルを含む「ナノイーX」が噴出しているということ。しかもナノイーは、約5〜20nm(ナノメートル=10億分の1メートル)と超微粒子のため、繊維の奥まで入り込み、上記の脱臭や花粉などのアレル物質を抑制してくれます。つまり、水を使わずとも衣類ケアができるわけで、まさに洗えない衣類の悩みを解決してくれるモデルというわけです。では、その実力はいかほどのものか? 以下でさっそく検証していきましょう。

↑「ナノイーX」が衣類全体に行きわたりやすいよう、吹き出し口が計8か所。襟元に2か所。両肩には1か所ずつ。ハンガー下には、4か所。外側2か所が脇・袖用で、内側2か所が背中・胸用です↑「ナノイーX」が衣類全体に行きわたりやすいよう、吹き出し口が計8か所あります。襟元に2か所。両肩には1か所ずつ。ハンガー下には4か所(写真)。外側2か所が脇・袖用で、内側2か所が背中・胸用です

 

7時間の「ロングモード」でも電気代1円以下はありがたい

基本は電源をコンセントに差して使用しますが、モバイルバッテリー対応なので、モバイルバッテリーを使えば、クローゼットなど電源のない場所でも使用できます。オフィスはもちろん出張などで移動中にも使えるのがいいですね。

↑電源コードは取り外し可能。コンセントのほか、差込口を取り外せば、モバイルバッテリーからも給電できます↑電源コードは取り外し可能。コンセントのほか、差込口を取り外せば、モバイルバッテリーからも給電できます

 

運転時間は、2パターン。電源ボタンを1度押すと、約5時間運転する「通常モード」、2秒長押しすると、約7時間運転の「ロングモード」に。「ロングモード」は、特にニオイや花粉が気になるときにオススメです。なお、電気代は通常モードで約0.61円、ロングモードで約0.85円と、いずれも1回1円以下なので、電気代は気にならないレベルです。

↑操作方法は、電源ボタンを押すだけと非常にカンタン↑操作方法は、電源ボタンを押すだけと非常にカンタン

 

↑一度押すと約5時間運転する「通常モード」で、ランプが青色に点灯します。1回の運転の電気代は約0.61円。2秒長押しすると、約7時間運転する「ロングモード」。ランプがオレンジ色に変わります。電気代は約0・85円と、いずれも1回1円以下なので、電気代は気にならないレベルです↑一度押すと約5時間運転する「通常モード」で、ランプが青色に点灯(左)。1回の運転の電気代は約0.61円。2秒長押しすると、約7時間運転する「ロングモード」となり、ランプがオレンジ色に変わります(右)

 

酸っぱいニオイのスーツに使ったらどうなった?

まずは夫のスーツのジャケットから。ニオイを嗅ぐと、汗が染み込んだような酸っぱいニオイが……。そういえば昔、父のスーツもこんなニオイがしていたけど、今思うとあれは、働くお父さん共通のニオイだったんですね(笑)。何はともあれ、さっそくハンガーにかけ、電源を入れるとファンが回る音が始まりました。手を当ててみると、感じるか感じないかの微風が出ていました。今、ナノイーがぐんぐん出ています!

↑普通にハンガーにかける要領でジャケットをかけます。ハンガーに厚みがあるので、きれいな立体感をキープ↑普通にハンガーにかける要領でジャケットをかけます。ハンガーに厚みがあるので、きれいな立体感をキープ

 

そのまま放置すること約2時間。途中でニオイを嗅いでみましたが、たった2時間でも確かにニオイが薄くなっていることがわかりました。特に吹き出し口のある内側の肩回りは、ほとんどニオイがなし。しかし表面や全体的には、まだニオイが残っています。

 

そこで付属の衣類用カバーを使うことに。これをかけることで、衣類の外側に付着したタバコ臭を抑えるほか、花粉の抑制にもつながるそうです。

↑ちょうど吹き出し口のある襟元や肩回りなど内側の脱臭スピードは早かったですが、全体で見ると脱臭にはムラがあるようです↑ちょうど吹き出し口のある襟元や肩回りなど内側の脱臭スピードは早かったですが、全体で見ると脱臭にはムラがあるようです

 

↑衣類用カバーをかけて、残りの3時間を運転しました。ナノイーが衣類全体を包み込んでくれるから、効果もアップしそう↑衣類用カバーをかけて、残りの3時間を運転しました。ナノイーが衣類全体を包み込んでくれるから、効果もアップしそう

 

さて運転が終わった翌朝、ニオイをチェックしたところ、内側のニオイはほぼゼロ、外側は、鼻をくっつけて一生懸命嗅いで、やっと感じる程度まで脱臭されました。ハンガーにかけておいただけで、ここまでニオイが消えるのはやはりスゴイ! もう夜な夜な消臭スプレーをかける必要もありません。しかも花粉を抑制してくれるとのことなので、花粉の季節になったら、玄関先で使ってもいいかもしれません。

20170726-d3 (18)↑夫は自分でもニオイをチェック。ほとんど気にならないレベルまで脱臭できたようで、満足気な様子で出勤していきました

 

焼肉臭からカビ臭まで、幅広いニオイ問題を解決してくれた

衣類のニオイで気になるのは、汗だけではありません。特にやっかいなのが、焼き肉のニオイ。洗濯できない洋服を着て焼き肉に行ってしまったあとはいつも後悔してしまいます。

↑仕事帰りなどに「焼き肉行こう!」なんて、よくある話。洋服にニオイがつくからやめておく、なんて選択肢はありません(笑)↑仕事帰りなどに「焼き肉行こう!」なんて、よくある話。洋服にニオイがつくからやめておく、なんて選択肢はありません(笑)

 

上の写真で着ていた洋服も、洗濯できないものでしたので脱臭ハンガーにおまかせ。約7時間のロングモードにかけたところ、すっきりと落とすことができました。また、お気に入りのワンピースも、汗臭が気になり始めるとクリーニングに出すか、今シーズは着るのを諦めるかの2択でしたが、脱臭ハンガーにより問題解決! これは本当に便利です。

↑ドライクリーニング推奨のレースのTシャツ。焼き肉の煙に包まれたはずですが、7時間の運転で焼き肉臭はほぼゼロに↑ドライクリーニング推奨のレースのTシャツ。焼き肉の煙に包まれたはずですが、7時間の運転で焼き肉臭はほぼゼロに

 

そしてもうひとつ、今回、どうしても使ってみたかったものがありました。それがこのファーニットの高級ジャケットです。親戚が「タンスの奥から出てきた」と言って筆者に与えてくれたのですが、長年タンスで眠っていただけあって、かなり強いタンス臭、カビ臭が付着していました。そこで本機のロングモードを使ってみたところ、こちらもニオイが半減! これは何度か根気よくトライすれば、着られるレベルまで脱臭できそうです。

↑実際に着るかどうかは別として、「高そうだから」という理由だけでもらってしまったジャケット。タンス臭がだいぶ減ったので、この冬着てみようかな↑実際に着るかどうかは別として、「高そうだから」という理由だけでもらってしまったジャケット。タンス臭がだいぶ減ったので、この冬着てみようかな

 

かけるだけという手軽さが秀逸! 一家に一台持つべきアイテム

と、この脱臭ハンガーでいろんなものを脱臭してみましたが、レベルの差こそあれ、確かに脱臭できることがわかりました。長年の懸案だったスーツ問題や焼肉問題、おしゃれ着のニオイ問題も解決してくれますし、花粉対策に活躍してくれるのもうれしいところ。あとはズボンやスカートなど、ボトムスに使える製品が出るのを期待したいですね。

 

いままでナノイーは、パナソニックの製品には、エアコンや空気清浄機、加湿器・除湿機、ドライヤーなどに搭載されていましたが、あくまで付加機能という位置づけでした。その点、本機はナノイーの機能をメインとした希少なアイテム。それだけに、ナノイーの実力をシンプルに実感できました。何より、ハンガーにかけるだけという手軽さが秀逸。一家に一台、持っておくべきアイテムといって間違いありません。