長文のメールや仕事の文章を書くとき、スマホやタブレットのスクリーン上のキーボードだと面倒ですよね。それでいま、外付けキーボードは一般的なガジェットになっています。

 

毎日使うなら、個性のないキーボードよりも自分らしさが出たクールなキーボードが欲しいですよね! そんな人々の間でちょっとトレンドになりつつあるのが、レトロなタイプライター風デザインのキーボードです。

 

マクロ機能付きタイプライター風キーボード「Penna」

20170721_kondo5

Kickstarterでこの5月に見事開発資金を集めたタイプライター式キーボード「Penna」は、コメント欄に「一目見てすぐに予約しました」という声がいくつも集まるほどの魅力を持っています。

 

タイプライターには、有無を言わさぬビンテージ感がありますね。実際に使ったことはなくても、つい触りたくなる強烈なデザインです。

 

Kickstarterのキャンペーンが無事終了したいま、Indiegogoで約1万3000円で予約受付中(海外発送料別)。タイプのしやすさを優先したダイヤモンド型キーキャップと、タイプライターの見た目を追求した丸型のキーキャップのふたつから選べます。

 

さらにオリジナリティを出したい人には、なんと木製のバージョンもあります。木製は約3万5000円となっています。タイプライターみたいな横のレバーもあって何だか微笑ましいと思ったらこのレバー、ただの飾りじゃないんです。

 

20170721_kondo7

なんとマクロ機能を備えていて、よく使う単語や表現をこのレバーを引くだけで素早く打ち込むことができるという代物。もちろん自分で設定ができるので、メールや書類で何度も繰り返さないといけない表現をこれで入力することで一気に入力も効率化できるかもしれません。

 

20170721_kondo6

本体は電池式で単3形電池ふたつで6か月もつそうです。Windows、iOS、AndroidなどあらゆるOSに対応。タブレットを上部に挟んで固定できるので、ちょっとしたラップトップのようにタブレットを使うこともできますね。こちらの動画ではタイピングの音も聞けますが、タイプライターの温かい感じにそそられます。

 

20170721_kondo4

色はマット・ブラック、ピュア・ホワイト、ベイビー・ピンク、オリーブ・グリーン、ウッド(木製)の5つとなっています。「すばらしいプロダクト!」と多くの人をワクワクさせたようでキャンペーン開始から12時間以内に目標資金に達したようですよ。

 

高級タイプライター風キーボード「Azio Luxury Vintage Keyboard」

20170721_kondo8

ビンテージな高級感あるキーボードのコンセプトをさらに推し進めたのが、Indiegogoで予約受付中のこちらの「Azio Luxury Vintage Keyboard」です。

 

同じくタイプライター式のデザインなのですが、なんとキー部分に革を使用していたり、ゴールドとブラックの組み合わせなど高級感を前面に押し出しています!

 

3つのスタイルがあり、それぞれUSB接続とBluetooth接続が選べます。USBタイプがひとつ1万550円ほど、Bluetoothタイプは1万2200円ほどで予約が可能(海外発送料別)。発送は今年の8月を予定しているようです。

 

ひとつめは、レトロ・クラシック・オニキス。

20170721_kondo2a

 

ふたつめは、レトロ・クラシック・ポッシュ。ゴールドのプレートがまるでアート作品のようです。

20170721_kondo3a

 

みっつめは、レトロ・クラシック・アーティザン。それぞれ、キーボードを内側から照らしてくれるバック・ライトもついています。

20170721_kondo1a

 

同じクリエーターによる古いバージョンのキーボードは米国Amazonでも発売されており、「キーがキレイだから指も喜んで動く」「すごいお気に入り。妻は笑うけど」とかなり好評な声が集まっています。キーボードとしても使用感が良いようです。

 

タイプライター式キーボードなら、自然とタイピングしたくなるような気がしてくるので不思議ですね。こういったキーボードを使用すると、意外な生産性向上の効果もあるかもしれません。