ダイムラーとボッシュは7月24日、多層階駐車場における自律運転駐車のデモンストレーションを公開した。

20170728_hayashi_LV_01

20170728_hayashi_LV_02

舞台はメルセデス・ベンツ博物館の多目的駐車場。ドライバーが新型メルセデス・ベンツEクラスで駐車場に入場し、ドライバーは所定の場所で降車。クルマはドライバーのスマートフォンによる操作により、自律運転で空きスペースに入庫する。フロアに空きスペースがない場合は、別の階に移動。これも自律運転で行なわれる。

20170728_hayashi_LV_03

乗員が再びクルマに乗る際は、所定の位置でスマートフォンを操作すると、駐車していた場所から自律運転によって、ドライバーの元へクルマが到着する。

20170728_hayashi_LV_04

このシステムには、車両側の自律運転機能と、それをセンシングする駐車場のインフラが整って初めて成立するもの。今回、ボッシュとダイムラーは共同でこのシステムの開発に成功したのである。

20170728_hayashi_LV_05

このプロジェクトは、車両や歩行者をはじめ駐車場内での安全性が確保できるかなど、地元当局(シュトゥットガルト地域評議会やドイツ連邦国家輸送省)などによる監督を受けながら進められてきた。当局の最終承認が得られれば、2018年のはじめには実用化される見込みだという。

20170728_hayashi_LV_06

乗員にとっては、大規模な駐車場での入出庫のわずらわしさを省くことが可能になるこのシステム。早期の実用化、そして普及に期待が高まる。