肉厚のステーキをたまに食べたくなること、ありませんか? そんなとき、自宅でステーキをどうやって調理していますか?

 

毎回レストランに行くのは高くつくけれど、厚みのあるステーキを自分好みのレア加減で調理するのは非常に難しいですよね。せっかくのボーナスで奮発した高級和牛も、ちょっとしたオーブンの火加減と時間のミスで台無しになってしまうことも……。

 

肉厚のステーキに限らず、サーモンなど魚料理もそうです。そんな火の通し加減が難しい食材の調理法として最近注目を集めているのが、スーヴィードという真空調理法です。

 

フランス発信の調理法で、プラスチックの袋に材料と調味料を入れ、空気を抜いて循環するお湯の中につけるというもの。分厚いステーキ肉も芯までフワフワに柔らかくなり、失敗もしない調理法ということでスーヴィード器具がいま人気を集めているのです!

 

真空調理法でおいしい料理が簡単に作れる「Nise Wave」

20170801_kondo29

フランス発信の調理法なんて聞くとすごく複雑で難しいもののように思えますが、それを解決してくれるのがKickstarterでキャンペーン展開中の「Nise Wave」です。

 

食材を真空パックに入れて空気を抜き、水の中に「Nise Wave」と一緒に入れます。アプリと連携して、レシピに応じた完璧な火の通り具合を実現する温度を正確に保ってくれます。すべての面で均等な温度が伝わるのがポイントなのです。

 

20170801_kondo28

さらに、タイマー設定ができ、食べる時刻を入力しておけば調理を完成させるだけではなく食事の直前に一番おいしい温度にまで上げておいてくれるという賢いデバイスになっています。

 

朝、家を出る前にお肉を袋に入れて「Nise Wave」と一緒に水に入れておけば、家に着くときにはジューシーで完璧なレア加減なステーキが待っている、ということが実現できるのです。

 

20170801_kondo27

「Nise Wave」はWi-Fiでつながってもいるので遠隔地からも操作が可能。もしも出先でトラブルがあったり、急な残業のせいで帰宅が遅れたら、アプリで食事時間を遅らせるだけ。その間ずっと、食材を温めておいてくれます。たった30cm足らずのコンパクトなデバイスでありながら、1200wのパワーを発揮してくれるとのこと。

 

20170801_kondo210

自分の好きなレシピを調理することもできれば、アプリ上でユーザーがオススメするレシピを利用することもできます。1万4000円弱で予約購入が可能(発送料別)、来年の4月に発送予定となっています。

 

「このデバイスは真空調理マーケットに登場した面白い存在だ」「スーパー興奮してます!」とスーヴィードファンから期待が集まっているようです。

 

たった2分でジューシーなステーキが焼ける「Cinder Grill」

20170801_kondo21

スーヴィードと同じレベルの均等な調理温度を達成しながら、オーブントップとしての機能も持つので焼き目もつけられるという「Cinder Grill」。Indiegogoではなんと5700万円もの開発資金を集めたこのプロダクトは、「2分でステーキがパーフェクトに調理できる」という謳い文句で話題を集めています。

 

一体なぜこんなことが可能なのでしょうか? 加熱表面を、毎ミリメートルごとに独立してオンとオフを調節し、均一な温度に保つことでパーフェクトな温度で食材全体を調理できるとのこと。

 

20170801_kondo22

ここまでの正確さをデバイスがすべて行ってくれるため、家庭でも食材を載せてアプリで設定をしてオンにするだけで恐ろしいほどの短時間でパーフェクトな調理加減が達成されるそうです。

 

20170801_kondo23

「電子レンジの便利さでスーヴィード調理を実現してくれる」とのコピーがなんとも頼もしいです。

 

温度を設定し、食材を「Cinder Grill」に載せると自動で厚みを測ってくれ、調理時間を教えてくれます。調理中はなんどもチェックしたり、ひっくり返す必要もありません。

 

20170801_kondo24

しかも内部の温度は厳密にコントロールされているので、調理時間が過ぎて2時間が経っても焼きすぎになることはないそうです。「な、なんでそんなことが可能なの?」とビックリしてしまうテクノロジーです。油を使わないので煙も発生しません。「Cinder Grill」が焦げることもないので調理後はキッチンペーパーで拭き取るだけ。

 

20170801_kondo25

ビックリの調理器具です。「出来上がりはおいしかった。これは皆さんの新しい、お気に入りの家電になるだろう」や「マッシュルームはスティームされていて、ステーキは焼き目がついてグリルされ、出来上がった料理は天国のようだった」と試した海外メディアも絶賛しています。

 

20170801_kondo26

完成・発送は今年の12月を予定。ひとつ約5万5000円で予約購入が可能です。残念ながら配送は現在、アメリカ国内のみとなっています。一般家庭からの感想が楽しみですね。