先日、都内にてアイロボットジャパンの新商品発表会が行われました。お披露目されたのは、ロボット掃除機ルンバの新モデル「ルンバ890」と「ルンバ690」です。

 

今回発表された新商品の目玉は、Wi-Fi機能への対応。これによって外出先でも、スマホから専用アプリ「iRobot HOME」で、ルンバの操作やスケジュール管理、清掃状況の確認などができるようになりました。すでに上位モデルでは対応済みだったので、今回新たに追加された2モデルもこの機能を搭載したことで、ルンバのすべてのラインナップでWi-Fiへの対応が完了したことになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑新ルンバの説明をするアイロボット プロダクトマネジメント シニアディレクター フーマン シャヒディ氏

 

スマホで操作したり、掃除の履歴を確認したりしてみたいけれど、最上位モデルを購入するには予算がちょっと……と二の足を踏んでいた人も、中級モデル、エントリーモデルもWi-Fi対応したことで、手に入れやすくなったわけです。発売は8月24日を予定しており、価格は公式オンラインストア価格で「ルンバ890」が7万5470円、「ルンバ690」が5万3870円。

 

スマホとつながると何ができるようになる?

では、Wi-Fiに対応すると、一体何ができるようになるのでしょうか? 具体的には、スマホアプリ「iRobot HOME」で清掃開始や停止などの操作、運転開始時間のタイマー予約、清掃状況のプッシュ通知、お手入れのタイミングのお知らせ、ソフトウェアの自動アップデート、アイロボットサービスセンターへのアクセスなどが行えます。なかでも特に注目したいのが、掃除の履歴。どの時間に何分掃除したかがわかるだけでなく、部屋のどの場所を掃除したかが図で表示されます。家具などの障害物によって掃除できなかった場所は塗りつぶされることがないので、どこの位置にあるものがルンバの運転にとって邪魔なのか、一目瞭然なのです。

 

発表された新モデルのうち、中級モデルの「ルンバ890」は、最上位の「ルンバ900」シリーズに搭載されている「AeroForceクリーニングシステム」を搭載し、従来モデルに比べ最大5倍のも吸引力を実現するなど、高い清掃力を誇ります。ほかにも髪の毛が絡まりにくいシリコンゴム製のブラシ「AeroForceエクストラクター」も搭載しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑最上位モデル900シリーズと同じ「AeroForceクリーニングシステム」を搭載した「ルンバ890」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑吸い込み口のブラシは、最上位モデルと同じく髪の毛や糸くず、ホコリなどが絡みつきにくいシリコンゴム製の「AeroForceエクストラクター」を採用

 

5万円台前半でWi-Fi対応のロボット掃除機をゲットできる

一方、エントリーモデルの「ルンバ690」は、「3段階クリーニングシステム」により、安定感のある清掃力を発揮します。清掃が終わると自動的にホームベースに戻って充電をする自動充電機能など、ルンバの基本的機能はしっかりおさえています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑本体価格が5万円を切る低価格ながら、Wi-Fiにも対応した「ルンバ690」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑ルンバと連動するスマホアプリ「iRobot HOME」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑掃除した履歴を保存することができます

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA↑履歴から、掃除できなかった場所の確認もできます

 

Wi-Fi対応により、“まだ外出先にいるけれど、急な来客が決まった!”といったときに、その場ですぐに家にあるルンバを動かせるのは極めて便利。また、スマホで掃除スケジュールの設定が簡単にできるほか、ルンバの掃除の軌跡を確認することも可能です。これにより、ルンバが通れない場所や死角になる場所があることに気づき、椅子をテーブルの上にあげておいたり植木を動かしておいたりと、掃除がしやすいよう工夫できるので、より効果的、効率的に掃除ができるわけです。そのメリットを見るにつけ、いよいよロボット掃除機にも、本格的に“IoT”の波がやってきた……そう強く感じさせてくれる発表会でした。