メルセデス・ベンツ日本とヒルトン東京がウェディングのジャンルでコラボを実現した。

20170810_suzuki_4

そのコラボ内容はヒルトン東京で挙式成約されたカップルへの特典として、まずは成約日から挙式当日までの期間中にメルセデス・ベンツを無償で利用できる「メルセデス・シェアリング」の提供だ。2人乗りオープンカー「SLC」、最先端の安全技術を搭載した「Eクラス」、7人乗りミニバン「Vクラス」の3モデルをデートはもちろん、両家のドライブや旅行など、様々なシーンでしかもホテル駐車場と併せて利用することができる。

 

また、披露宴後、二次会会場までメルセデス・ベンツを用いた豪華パレードで送迎する「ウエディング・パレード」や、ハネムーン前日にヒルトン東京に宿泊し、そこから空港までメルセデス・ベンツで送迎される「プレハネムーン・ステイ&ドライブ」も用意されている。

 

さらに8月20日(日)に開催されるブライダルフェアでは、これらのサービスを体験できるコーナーに加え、メルセデス・ベンツ「Cクラス カブリオレ」を宴会場に配した会場コーディネートの披露や、メルセデス・ベンツ日本による「ライフスタイルの変化に伴う車の選び方」セミナーも実施される。

 

結婚式当日はもちろん、準備期間や挙式後のハネムーンなどでメルセデスのあるカーライフと、ヒルトン東京での上質なホテルウエディングの魅力を充分に感じみてはいかがだろうか。