ASUSは8月17日、ZenFoneの最新モデルとなる「ZenFone 4」シリーズ5機種をグローバル向けに発表しました。同シリーズは、背面や前面にデュアルカメラを搭載し、撮影機能をウリにしています。本記事では、各機のカメラに焦点を絞り、概要を紹介します。

20170818-i05 (1)

 

ZenFoneといえば、日本ではSIMフリースマホとしておなじみのブランド。今回、新たに発表されたのは「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4」「ZenFone 4 Max Pro」「ZenFone 4 Selfie Pro」「Zenfone 4 Selfie」の5機種。画面サイズは5.5インチに統一されました。

20170818-i05 (2)

 

イベント名が「We Love Photo」だったこともあり、どのモデルもデュアルカメラを搭載し、撮影機能に注力しています。なお、日本国内での発売については、まだ明かされていません。

 

背面にデュアルカメラを搭載する3機種

「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4」「ZenFone 4 Max Pro」の3モデルは、背面に2つのカメラを搭載します。それぞれの背面カメラの画素数/F値/画角は以下の通り。

・ZenFone 4 Pro: 1200万画素/F1.7/83度 + (望遠)1600万画素/F2.6/47度

・ZenFone 4: 1200万画素/F1.8/83度+ (広角)800万画素/F2.2/120度

・ZenFone 4 Max Pro: 1600万画素/F2.0/80度 + (広角)500万画素/F2.0/120度

 

大きな違いとしては、2つ目のカメラを望遠・広角のどちらに使っているか、という点になります。どのモデルも2つのカメラを切り替えて使用できますが、ZenFone 4 Proは広角に切り替えても最大83度です。また、ZenFone 4 Proのみ、望遠に対応するので、最大10倍までのズームが可能。タップで1倍・2倍・5倍を素早く切り替えることができ、スライダで微調整もできるようになっています。

 

最大10倍のズームが可能なZenFone 4 Pro

ZenFone 4 Proは、5.5型のフルHDディスプレイを搭載。CPUはSnapdragon 835(オクタコア)で、RAM6GB、ROM128GB。USB Type-Cを採用。会場で発表された価格は599USドル〜(税別、以下同)。

20170818-i05 (3)

20170818-i05 (4)

 

ZenFone 4 Proのデュアルレンズは望遠。最大10倍までズーム可能です。

20170818-i05 (5)

 

↑等倍と5倍ズームの比較↑等倍と5倍ズームの比較

 

広角レンズ搭載のZenFone 4

ZenFone 4も同じく5.5型のフルHDディスプレイ。モデルによってCPUはSnapdragon 660または630を搭載。RAMは6GBまたは4GB、ROMは64GB。USB Type−Cを採用。価格は399USドル〜。

 

20170818-i05 (6)

20170818-i05 (7)

 

ZenFone 4は、広角レンズを備え、カメラを切り替えることで120度の画角で撮影可能です。望遠はデジタルズームで最大4倍まで対応します。

↑通常と広角撮影の比較↑通常と広角撮影の比較

 

大容量バッテリーのZenFone 4 Max Pro

ZenFone 4 Max Proは5.5型のHDディスプレイを搭載。CPUはSnapdragon 425または430で、RAM 4GB、ROM 64GB。価格は未公開。

20170818-i05 (9)

20170818-i05 (10)

 

ZenFone 4 Max Proも広角カメラを搭載するタイプ。ほかの2機種と比べるとカメラのスペックはやや劣りますが、Maxシリーズならではスタミナの高さでカバーします。5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、従来比2倍速で充電できるリバースチャージ(モバイルバッテリーとして使える機能)に対応します。

 

前面にデュアルカメラを搭載する2機種

「ZenFone 4 Selfie Pro」と「ZenFone 4 Selfie」の2モデルは、セルフィーの名の通りディスプレイ側にデュアルレンズ搭載。それぞれの前面カメラの画素数/F値/画角は以下の通りとなります。

・ZenFone 4 Selfie Pro: 2400万画素相当(センサーは1200万画素×2)/F1.8/83度 + 500万画素/F2.2/120度

・ZenFone 4 Selfie: 2000万画素/F2.0/69度 + 800万画素/F2.4/120度

 

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFone 4 Selfie Proは5.5型フルHDディスプレイを搭載。CPUはSnapdragon 625(オクタコア)、RAM 4GB、ROM 64GBを搭載。価格は379USドル〜。

20170818-i05 (12)

20170818-i05 (13)

 

ZenFone 4 Selfie

20170818-i05 (15)

20170818-i05 (16)

 

2機種とも広角のサブカメラに切り替えて撮影できるので、背景を含めたセルフィーや、複数人での記念撮影(Wifie:ウィーフィー)が行いやすいのが特徴です。デジタルズームも可能。リアルタイムの美肌加工もサポートするので、動画やライブストリーミング配信でも肌質を補正して撮影できます。

20170818-i05 (14)

 

↑インカメラでの通常と広角撮影の比較↑インカメラでの通常と広角撮影の比較

 

また、ZenFone 4 Selfie Proのみ、背景をぼかせる「ポートレイトモード」の自撮りに対応。加えて、2400万画素相当の画質で撮影できる技術により、大きく印刷しても綺麗な高解像度の撮影が可能で、4K動画の撮影もサポートしています。

↑ポートレイトのオン・オフの比較↑ポートレイトのオン・オフの比較

 

ZenFone 4シリーズは、最近のスマホのトレンドを踏襲し、ずべてのモデルでデュアルカメラを搭載したラインナップとなりました。従来のZenFone 3シリーズでは、複数のラインナップをMVNO各社がセットで販売しています。今回発表されたモデルについても、国内発売の期待が高まります。