スタイラーが日本展開を支援している台湾のiDrip.Ltdは、バリスタチャンピオンのコーヒーの淹れ方や個人の好みを再現する全自動コーヒーメーカー「iDrip(アイドリップ)」をクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて3月28日(木)より販売を開始します。現在、先行特典通知を受け取ることができるウェブページを公開中です。

 

バーコードでドリップデータを呼び出し、バリスタの淹れ方を忠実に再現

「iDrip」は台湾の連続起業家John Yeh (葉 建漢)が手がける、IoTコーヒーメーカーです。注ぎ方から抽出温度までの全ての工程をビッグデータに基づいてコントロールすることで、「プロのバリスタ」の味を再現することができるとのこと。具体的には、専用のコーヒーパックに付随しているバーコードを本体機器が読み取ることで、「注水速度」「注水量」「注水回数」「断水時間」など、バーコードに記憶されているバリスタのコーヒードリップデータを呼び出し、バリスタのコーヒーの淹れ方を忠実に再現。特許を取得している独自の注水ノズル技術による正確な温度制御で、自宅で世界のバリスタチャンピオンの味を楽しむことができるといいます。果たしてその実力はどうなのか、大いに期待したいところです。