いよいよ目前に迫ってきた消費税10%時代。増税後の生活は、どう変わるのでしょうか? 今回はフルサイズミラーレスカメラを中心に、増税前にチェックすべき「カメラ」について紹介します。

※記事内の参考価格はすべて、2019年9月24日時点の消費税8%の税込価格で表記しています

 

秋の撮影時期を最新機能で撮るなら増税前の購入が◎

フルサイズミラーレス機は、高額商品だけにライフサイクルが長く、発売時に購入すれば数年間は現行モデルとして使えます。プロユースを考慮した製品も多く、丈夫で長持ちするため、結果的に経済的という製品が多いのも魅力です。

 

これらのクラスのカメラは、発売後3か月から半年間ほどは若干価格が低下しますが、その後は年末やボーナス時期などを除き、比較的安定。相対的に消費税アップの影響を受けやすいといえます。夏から秋の新製品は、半年程度で消費税額以上に値下がりする可能性は高いですが、秋の撮影シーズンに新機能を使って撮りたいなら、増税前に購入するのもアリです。

 

今日の注目機能は、人物撮影に便利な「瞳AF」や連写&合成によって記録画素数を増やせる「画素ずらし合成機能」。特に「瞳AF」は、新機種ほど精度がアップしており、一部機種では「動物瞳AF」にも対応。動き回る被写体のピンボケを防げる必須機能といえます。

【買い時の傾向と対策】フルサイズは製品寿命が長くて価格も安定傾向

発売後の価格低下は3か月〜半年程度続きますが、その後は下げ止まり、ボーナス時期などに多少下がります。モデルライフが2年以上続く製品が多く、初期価格から15%程度安ければお買い得。高額なキャッシュバックキャンペーンの実施も多く、そうした時期も狙い目です。

 

カメラ(フルサイズミラーレス)の押さえておくべき4大トレンド

最近進化が著しいのが「瞳AF」。センサーをずらしながら連写して高画素画像を得る、「画素ずらし合成機能」対応機も増えてきました。

 

【トレンド1】瞳AF

 

従来からある顔認識機能に加え、瞳の位置を検出して目にピントを合わせる瞳AFが標準的に。一部機種では、動物検出や動物瞳AFにも対応します。

 

【トレンド2】4K動画

フルサイズ機では、背景ボケの大きな4K動画を撮影しやすいのも魅力のひとつです。大型の4Kテレビも普及しつつあり、大画面で美しい映像が楽しめます。

 

【トレンド3】高速連写

子どもの運動会やスポーツシーンなど、動きモノを撮るなら、連写が速いほうが一瞬を捉えやすいです。10コマ/秒以上の高速連写が可能ならベター。

 

【トレンド4】画素ずらし合成機能

ボディ内手ブレ補正機構を応用し、センサーをわずかにずらしながら連写。合成して超高画素で記録します。動きのない風景などを高精細に撮れます。

 

注目のフルサイズミラーレス一眼5選

【その1】軽さと明快な操作性が魅力の高倍率ズーム付きお手軽モデル

キヤノン

EOS RP・RF24-240mm IS USM レンズキット

実売価格28万800円

小型軽量&簡単操作が魅力。バリアングルモニターや約236万ドットEVFを備え、0.05秒の高速AFも実現。9月に発売予定の高倍率ズームレンズとの組み合わせにより、広角から望遠まで撮影でき、従来以上に手軽に楽しめます。

【瞳AF対応】 【4K30p動画対応】 【最高約5コマ/秒】 【画素ずらし合成機能非対応】

SPEC●画素数:約2620万画素●マウント:キヤノンRFマウント●常用ISO感度:100〜40000●モニター:3型約104万ドット(バリアングル式、タッチ対応)●EVF:約236万ドット、約0.7倍●サイズ/質量:約W132.5×H85.0×D70.0mm/約485g(ボディ)、約φ80.4×長さ122.5mm/約750g(レンズ)

↑フルサイズミラーレス機では数少ない、バリアングルモニター採用機。ボディが軽量なだけにモニターを見ながらの撮影が快適です

 

↑ボディ天面右手側に撮影モードダイヤルを装備。全自動露出の「シーンインテリジェントオート」も用意され、初心者でも安心

 

↑撮影モードごとの効果が視覚的にわかる「ビジュアルガイド」搭載。初心者でも本格撮影が楽しめるように配慮されています

 

↑専用交換レンズはまだ少ないですが、豊富な一眼レフ用EFレンズが使えるアダプターを用意。一眼レフからの移行もスムーズです

 

【買いのワケ】500gを切るボディの軽さと高倍率ズーム採用の利便性

バッテリー、メモリーカード込みで500gを切る軽さは、ほかにはない魅力です。新たに24〜240mmの高倍率ズームがキットレンズとして組み合わされた点にも注目。1本でほとんどの撮影に対応できます。

↑バッテリー、メモリーカード込みのボディは実測480gを切りました。フルサイズとしては驚異的な軽さです

 

↑キットレンズにRF24-240mm F4-6.3 IS USMを採用。最大約5段分の手ブレ補正機能を搭載します

 

【買い時診断:B+】増税前のおトク感はあるが、急がないなら年末商戦待ちも

キットレンズ追加で価格が底上げされましたが、おトク感は十分あります。急がないなら値下がりが見込める年末商戦まで待つのもアリです。

 

【その2】ボディ内手ブレ補正や瞳AF対応で失敗なく撮れる

ソニー

α7III

実売価格24万5760円(ボディ)、26万9870円(FE28-70mmF3.5-5.6 OSSレンズキット)

5段分の手ブレ補正機能を搭載。瞳AFや動物瞳AFにも対応し、ブレやピンボケによる失敗を防げます。画素数を約2420万に抑え、裏面照射型にしたことで高感度撮影に強いのも魅力です。

【瞳AF・動物瞳AF対応】 【4K30p動画対応】 【最高約10コマ/秒】 【画素ずらし合成機能非対応】

SPEC●画素数:約2420万画素●マウント:ソニーEマウント●常用ISO感度:100〜51200●モニター:3型約92.2万ドット(上下チルト式、タッチ対応)●EVF:約236万ドット、約0.78倍●サイズ/質量:約W126.9×H95.6×D73.7mm/約650g

↑天面に撮影モードと露出補正のダイヤルを装備。視認性が高く、露出の失敗を防げます。各種設定を登録できるC1、C2ボタンも便利

 

【買いのワケ】強力なボディ内手ブレ補正と本格的な動画撮影機能が◎

ボディ内5軸式手ブレ補正と優れた高感度性能により、暗めの室内撮影などでも安心。本格的な4K動画撮影にも対応し、外部マイクや動画撮影対応のリモートコマンダーなど、豊富な動画用アクセサリーも用意されています。

↑撮像素子ユニットが動く、光学5軸手ブレ補正を採用。シャッター速度にして約5段分の効果があります

 

↑アクセサリーシューに独自端子を配置。プロ用マイクが使える「XLRアダプター」が装着可能

 

【買い時診断:A】すでに値下がり十分で増税前の購入がおすすめ

発売後18か月が経過し、価格は下げ止まり。少なくとも増税直後は、そのまま上乗せになると思われるので増税前の購入が正解です。

 

【その3】約6100万画素で連写も速いハイパフォーマンスモデル

ソニー

α7R IV

実売予想価格43万920円(ボディ)

約6100万画素を誇るα7シリーズ最新機。シリーズ4世代目に突入し、高画素でも約10コマ/秒の連写が可能に。リアルタイム瞳AF対応など、注目機能にフル対応で圧倒的なパフォーマンスを誇ります。

【瞳AF・動物瞳AF対応】 【4K30p動画対応】 【最高約10コマ/秒】 【画素ずらし合成機能2億4080万画素】

SPEC●画素数:約6100万画素●マウント:ソニーEマウント●常用ISO感度:100〜32000●モニター:3型約144万ドット(上下チルト式、タッチ対応)●EVF:約576万ドット、約0.78倍●サイズ/質量:約W128.9×H96.4×D77.5mm/約665g

 

【買いのワケ】画素数だけでなく手ブレ補正など全体的なパフォーマンスに優れる

フルサイズ機としては最高画素となる約6100万画素センサーの搭載は魅力大。AFの速度や精度、約5.5段の手ブレ補正など全体のパフォーマンスも底上げされています。高精細でクリアなファインダーも◎。

↑約6100万画素裏面照射型CMOSセンサーを採用。567点の像面位相差AF用測距点が組み込まれます

 

【買い時診断:B+】値下がり前だが高価ゆえ増税前の購入もアリ!

徐々に価格は下がると思われますが、10月に上乗せされる増税額が大きいです。価格低下を待たず、増税前に購入するのも十分アリです。

 

【その4】12コマ/秒連写とクリアなEVFで動きモノに強い!

ニコン

Z 6

実売価格25万320円(ボディ)、34万5090円(24-70mmF4レンズキット)

画素数を約2450万に抑えたことで、約12コマ/秒の高速連写や常用ISO51200の高感度を実現。約0.8倍の広視野なEVFも魅力です。5月のファームアップで瞳AFに対応するなど、性能向上が図られました。

【瞳AF対応】 【4K30p動画対応】 【最高約12コマ/秒】 【画素ずらし合成機能非対応】

SPEC●画素数:約2450万画素●マウント:ニコン Z マウント●常用ISO感度:100〜51200●モニター:3.2型約210万ドット(上下チルト式、タッチ対応)●EVF:約369万ドット、約0.8倍●サイズ/質量:約W134×H100.5×D67.5mm/約675g

↑天面右手側に撮影情報表示液晶を装備。シャッター速度や絞り、ISO感度などの撮影時に必要な情報が素早く確認できます

 

↑キットレンズは絞りがF4でボケ描写は小さめ。大きなボケが得たいなら、NIKKOR Z 50mm F1.8S(実売価格7万5550円)がオススメ

 

【買いのワケ】クリアで広いファインダーと高速連写性能が最大の魅力

約12コマ/秒の連写も魅力的ですが、約0.8倍の広いファインダーが本機の最大の特徴。レスポンスもキビキビとしており、画素数をそこまで必要としないなら被写体を問わず使いやすい1台です。

↑約369万ドットと高解像で約0.8倍と画面も大きいEVFを採用。歪みやにじみが少ないのも魅力

 

【買い時診断:A】発売後10か月が経過しており、これ以上の値下げは見込み薄

年末に多少の値下がりは期待できますが、値下げ額の余地はそれほど大きくありません。増税前に買っても損はしないでしょう。

 

【その5】静止画・動画共に高画質で操作性も抜群の旗艦モデル

パナソニック

LUMIX S1

実売価格32万7670円(ボディ)、43万9670円(24-105mm F4レンズキット)

ライカLマウント採用でライカやシグマの同マウントレンズも使えます。4K60p動画の撮影に対応するほか、9600万画素の静止画撮影が可能な「ハイレゾモード」を備えるなど、質の高い動画や静止画が撮れます。

【瞳AF対応】 【4K60p動画対応】 【最高約9コマ/秒】 【画素ずらし合成機能9600万画素】

SPEC●画素数:約2420万画素●マウント:ライカLマウント●常用ISO感度:100〜51200●モニター:3.2型約210万ドット(3軸チルト式、タッチ対応)●EVF:約576万ドット、約0.78倍●サイズ/質量:約W148.9×H110×D96.7mm/約1017g

↑ライカLマウントを採用。純正レンズは3本のみですが、ライカ製レンズを加えると10本以上です。シグマからも複数の対応レンズが登場予定

 

↑背面モニターは3.2型で、タッチ操作対応の3軸チルト式を採用。画面の縦横問わず、自由なアングルでの撮影が行えます

 

↑7.4V3050mAhの大容量バッテリーを採用。背面モニターとSDメモリーカード使用時で約400枚の撮影(CIPA規格)が可能です

 

【買いのワケ】4K60p撮影に対応しており動画からの画像切り出しも

4K60p動画を撮影可能で、滑らかな動きで撮れます。加えて、連写性能は最高約9コマ/秒ながら、動画からの画像切り出しである「4Kフォト」や約30コマ/秒の「6Kフォト」にも対応。動きモノ撮影にも向きます。

↑フルサイズミラーレス機初の4K60p動画に対応。プロユースも可能な高品位な映像が撮れます

 

【買い時診断:B-】価格低下が続いており年末まで様子を見てもよさそう

実売価格は少しずつ下がっていて、慌てて買う必要はなさそう。9月末まで様子を見て、値下がり幅が小さければ、年末商戦が狙い目です。

 

データ協力/価格.com https://kakaku.com/