ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、激ムズな「ダブルドラゴン」3〜4面ノーミスクリアに挑む!

↑ファミコン版は全4面。2人同時プレイはできないが、対戦格闘の「MODE B」が追加された

アークシステムワークス
ダブルドラゴン

無料
(Nintendo Switch Online有料会員向けサービス)
https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/onlineservice/fc/

アーケード発のベルトスクロールアクションの移植版。核戦争後の荒廃したニューヨークで、恋人を取り戻すため主人公ビリーが立ち上がる!

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(YouTube)

 

成功報酬はWチーズケーキ。罰ゲームは両手ビリビリ!?

編集部(以下編) 今回の成功報酬はタイトルの「ダブル」にちなんで人気洋菓子店の「Wチーズケーキ」をご用意しました。

 

フジタ(以下フ) レアとベークドのダブルなんですね。

 

 失敗の場合は、やはり「ダブル」にちなみ、ビリビリ罰ゲーム付きの両手お手玉&両手けん玉に挑戦していただきます

 

 まあ、クリアに失敗することはないと思いますけどね。

 

 

高難易度の後半2面をノーミスクリアせよ!

↑1面。「熱血硬派くにおくん」の後継作として開発された本作。恋人マリアンをさらった「ブラックウォリアーズ」を倒していく。技はレベルアップ制

 

どうも〜、フジタです! 「ダブルドラゴン」って、本当に暴力的な要素がすべて詰まったゲームですよね(笑)。制作者が同じ「くにおくん」を、以前「子どもの手の限界を超えている」って僕言いましたけど、この「ダブドラ」はギリギリ子どもの手でもクリアできます。

↑3面。パンチとキック以外に「ヘッドバット」「髪づかみキック」など技は多彩。最強技「旋風脚」は「くにおくん」シリーズにも受け継がれている

 

「くにおくん」よりはマイルドですかね。ただ、ギリジャンが独特なんで、これがキツいんですよ。目で見てギリまで行くと落ちてしまうので、ちょっと手前に合わせるのが難しくて……。あと鬼門は最後のボスラッシュです。ラスボスはとにかく固くてキツい。普通の攻撃だと50発以上当てなきゃダメですから……(笑)。

↑ファミコン版のラスボスは主人公の兄・ジミー。アーケード版では協力して戦う2Pキャラのはずが。大胆なアレンジに当時のファンは驚いたとか

 

では、「ダブルドラゴン」の3〜4面ノーミスクリアに挑戦していきましょう。3面はもう中盤ですからすげえムズいっすよ。ナイフとか大ダメージを喰らいます。で、このファミコン版は投げた敵で敵を倒すことができません。だからいまみたいに囲まれたら、戦っている先の敵をどうにか処理しなければヤバい。ナイフとか飛んでくるんで。まあ、実戦のケンカのリアリティを追求したんでしょう(笑)。

↑1Pと2Pで対戦できる「MODE B 2PLAYER」。1Pと2Pが同じキャラを使い、どちらかが倒れるまでのデスマッチ

 

ファミコン版は珍しくて、レベルで技を覚えていくんです。いまは「ひじ打ち」と「旋風脚」がない状態です。おっと、ここの武器攻撃はヤバいです。敵をまとめられないから、大ダメージを受けてしまう。……ここから中ボスです。うーん、どうだ? やべぇな、囲まれている。はい! こんな感じで倒しました。次のシーンに行くと一応パワーが回復します。この先は鍾乳洞。怖いですね……。

 

 

【障害物やジャンプに意外な苦戦を強いられるフジタ。ギリジャンは成功するか? 挑戦の結果は動画で!!】

撮影:高原マサキ(TK.c)

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(YouTube)

 

©1984 Nintendo