シーフード系のパスタって、イチからソースを作ろうとすると、手間がかかるし、素材を揃えるのも大変ですよね。そんな時は手軽かつ味は本格的な「ハチ食品」のレトルトのソースはいかがでしょう。今回は輸入食品店「ジュピター」で見つけた3種類のソースを食べ比べて、美味しかった順のランキング形式で紹介します!

 

【ジュピターとは?】

東京都・文京区に本社を置くジュピターコーヒー株式会社が全国展開する小売店。自家焙煎のコーヒー豆や輸入食品、酒類などを扱っています。

 

【第3位】

ウニの風味は控えめ。ポルチーニの上品な香りがたまらない!

ハチ食品

パスタボーノ

ポルチーニと生クリームのウニクリームソース 130g

90円(税抜)

風味豊かなポルチーニとゴーダチーズ、白ワインにウニを贅沢に使ったクリームソースで、まさに海の幸と山の幸のなんともいいとこ取り。味の方は、ポルチーニの上品な香りが好印象。ただし、せっかくのウニの風味はあまり感じられませんでした。とはいえ、ウニはガツンと表に出てくると生臭みを感じてしまうので、実はこのくらい控えめの方がベストなのかもしれません。

 

【第2位】

トマトの爽やかな酸味が蟹の風味とナイスマッチ!

ハチ食品

パスタボーノ

ほぐし蟹と完熟トマトのかにクリームソース 110g

90円(税抜)

ほぐした蟹の身と完熟トマトで仕上げたアメリケーヌソース。魚介の旨みを感じるクリーミーな味わいで、蟹の風味と完熟トマトの酸味の相性がバッチリ。濃厚なソースがパスタによく絡みます。ソースには塩味がきっちりついているので、ゆで汁の塩加減は少なめで良いでしょう。

 

【第1位】

海老の旨みがたっぷり! 濃厚な味わいで贅沢な一皿に

ハチ食品

パスタボーノ

アメリケーヌソース仕立てのえびクリームソース 120g

90円(税抜)

刻んだ海老の身とほぐした蟹を使い、ロブスターの旨みたっぷりのアメリケーヌソースで仕上げたもの。魚介の複雑な味わいが口の中に広がる、なんとも贅沢な一品です。濃厚でパスタとの絡みもバツグンながら、甘みを抑えた味付けで意外なほどさっぱりしています。筆者は好みでレモンを絞ってさらに爽やかにいただきました。キリッと楽しみたい方はあらびきコショウをプラスしても良いですね。

今回ご紹介したハチ食品株式会社の「パスタボーノ」シリーズですが、筆者が「ジュピター」で購入したときは、なんと税抜90円! コストパフォーマンスでは最高のパスタソースといえるでしょう。さらに美味しく楽しみたい方は、できればフライパンを使ってしっかりと麺にソースを絡ませたいですね。オリーブオイルを少しプラスすると、仕上がりがワンランクアップしますよ。トッピングで魚介をプラスするのもオススメ。ぜひキリリと冷やした白ワインとお楽しみください!