サンバレージャパンは、同社のブランド「TaoTronics(タオトロニクス)」から、トランスミッター「TaoTronics Wireless 2 in 1 Adapter TT-BA09 Pro」を、1月31日にAmazon.co.jpで発売。以降、全国の各販売店にて順次展開します。市場価格は4000円前後を予定しています。

↑TaoTronics Wireless 2 in 1 Adapter TT-BA09 Pro。市場価格は4000円前後を予定しています

 

今回発売された同製品は2016年秋の発売以降、Amazon.co.jpの「トランスミッター」カテゴリーや「無線・トランシーバーの受信機」カテゴリーなどでベストセラーを獲得した「TT-BA09」の上位モデルです。TT-BA09は、長期間に渡り売り上げ上位にランクインし、1モデルで累計約25万台を販売しています。

 

↑TT-BA09とTT-BA09 Proのサイズ比較

 

同製品はBluetooth・SPDIF・AUXの3種の入出力に対応。スマートフォンからBluetoothで受信した音声信号を AUX出力でスピーカーに接続して音楽を流したり、テレビからSPDIF接続で受信した音声信号をBluetoothでワイヤレスイヤホンなどに接続して、映画や動画を楽しんだりと様々なリスニングスタイルを得られます。

 

↑本体の接続設定を簡略化し、本体サイドのスイッチよりBluetoothのモードをTXモード(送信)かRXモード(受信)かを選択するだけで、SPDIFとAUXの接続を自動で検知・選択する「接続モード自動変換」機能を搭載

 

本体には620mAhの大型バッテリーを内蔵し、電源に接続せずに単体での使用にも対応。外出時に本体に有線イヤホンを接続し、スマートフォンなどのデバイスとBluetoothで接続することで音楽を流すことが出来るワイヤレスのポータブルアンプとして利用できます。

↑さらに従来のモデルから最大24時間の連続最大再生に対応したことで、電池切れを気にすることなく、音楽や動画などをワイヤレスでストレスフリーに楽しめます

 

また、同製品と2台のワイヤレスイヤホン・ヘッドホンに同時接続時にも、高音質・低遅延なコーデック「aptX LL」での再生にも対応しています。

 

↑aptX LLに対応

 

その他にも、USB Type-C接続での充電対応や、本体上面には現在の接続状態が一目でわかる「インジケーター」搭載など、従来品に比べて使いやすさも大幅にアップし、さらにユーザーフレンドリーな製品になっています。

 

↑本体底面には電源インジケーターを搭載