キリンビバレッジと日本航空(JAL)は、6月27日と28日に、日本マイクロソフトの技術協力のもと、自宅にいながらPCやスマホを使って工場見学ができる「おうちで工場見学を楽しもう!! リモート社会科見学」を開催。27日13時はキリンビバレッジ湘南工場、28日13時には羽田空港JAL格納庫の様子を、生中継で無料公開します。

 

両社は現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため工場見学を休止していますが、このような時だからこそ「今できること」として、家族みんなで自宅にいながら楽しく学べるリモート社会科見学の開催に至ったそうです。

 

27日に実施されるキリンビバレッジでは、「キリン 午後の紅茶」ができるまでの様子を、工程を身近に体験できる機械や、臨場感ある製造ラインの映像で体感できます。28日に実施されるJALでは、実際に格納庫で航空機が整備される様子をライブ中継で見ることができ、整備担当者の解説付きで整備の仕事を見ることができるほか、コックピットの様子も動画で公開予定です。

↑キリンビバレッジ・リモート社会科見学(イメージ)

 

リモート社会科見学は、「Microsoft Teams ライブイベント」と「HoloLens 2」を活用し、て工場見学の映像や見学者目線の映像を、リアルタイムで遠隔地に配信。MR(Mixed Reality・複合現実)デバイスHoloLens 2を工場にいる見学者役が装着し、Microsoft Teams ライブイベントと繋げることで、参加者が見ている工場の映像に、遠隔地にいる従業員の顔が重ね合わせて表示され、表情を見ながら設備について会話をする感覚が味わえます。

↑JAL・リモート社会科見学(イメージ)

 

「学研キッズネット」では、“身の回りにあるものはどのようにして作られているんだろう?”という、子どもたちの興味や関心を高め体感できる、貴重な学びの場である全国の工場見学を紹介するコーナーを設けており、今回のリモート社会科見学の特設ページも、新たに開設しています。リモート社会科見学は普段直接来場できない全国各地の未就学児を含め、最大2万人が参加可能。参加費は無料で、詳しい参加手順は、学研キッズネットの特設ページ( https://kids.gakken.co.jp/factory/online-tour/ )をご覧ください。

↑学研キッズネット 特設ページ