アイロボットジャパンは、プログラミングロボット「Root(ルート)」を2月19日(金)より販売します。実売価格は2万9800円。

↑「Root」の本体サイズは幅13.4×奥行き14.9×高さ4.5cm、本体質量は約0.49kg。最大稼働時間は5時間。USB充電ケーブルと折り畳み式ホワイトボード、デコレーションシール、ホワイトボードマーカー2本、拭き取りクロスが付属します

 

プログラミングで光や音を設定できるロボット

「Root」は、同社のロボット掃除機「ルンバ」をモチーフとしたプログラミングロボット。子どもが感じる楽しさやワクワクの“根っこ”の部分を大切にしたい、という想いからネーミングされました。専用のアプリ「iRobot Coding」は、ブロックをつなげて簡単にプログラミングするLevel1から、本格的にテキストコーディングするLevel3まで3段階のレベルで構成されており、小学校教育の全ての教科ならびに中学校でのプログラミング授業で使えるようデザインされています。

↑専用アプリ「iRobot Coding」のLEVEL1「グラフィック・ブロック」。動きがイラストで描かれたブロックをドラッグ&ドロップをしながら、コーディングの基礎となる論理的スキルを学びます

 

↑専用アプリLEVEL3の「フル・テキスト・ブロック」。フルテキストコードを使用して、本格的にコーディングコマンドや構文を打ち込みます

 

Rootは壁に当たったら跳ね返るバンパーや、段差センサーなど、ルンバに見られる機能が踏襲されています。またプログラミングを楽しく学べるよう、光、音、ペンを使っての描写や消しゴムなど様々な機能が搭載されています。

↑中央に付属のペンを挿すと、絵を描くことが出来ます

 

↑7色の色と、光の量を設定することが出来ます。音楽を奏でることも可能

 

さらに裏面のマグネットにより、ホワイトボード上での垂直走行が可能、作品のプレゼンテーションや先生によるデモンストレーションでも活躍します。なお、Rootは専用のアプリ上でコードのシミュレーションをすることができるので、実際のロボットが手元になくてもアプリのみで自作のプログラムを作成・確認できるほか、クラウド上に作成したプログラムを保存することで世界中のプログラマーにシェアすることができます。

↑裏にマグネットが付いており、ホワイトボードにくっついて垂直に移動させることが出来ます

 

なお、全国の小学校へ本機1000台を無償提供する「みんなでRoot!プロジェクト」もスタートしたとのこと。プログラミング教育を重視する親御さんや教育機関は、ぜひ「Root」に注目してみてはいかがでしょうか。