冬は外食の増える季節だが、今シーズンは自宅で過ごす人も多いだろう。そこでオススメなのが、いつものスーパーではなく、こだわりショップの食材でイベントシーズンを楽しむこと。今回は、中川政七商店の人気商品をご紹介!

※こちらは「GetNavi」 2021年1月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

作り手の技と情熱が光る日本の名品が勢揃い!

中川政七商店

享保元年(1716年)に奈良で創業した、麻織物の老舗。やがて日本の工芸を軸とした製造小売りとなり、現在は、“日本の工芸を元気にする!”というビジョンのもと、衣食住に関する多彩な商品を扱う。

Shop Data

1716年に奈良で創業/全国60店舗とオンラインストア

 

私がご案内します!

中川政七商店
PR

佐藤菜摘さん

【人気商品ベスト3】

【人気No.1】郷土料理をモチーフにした各地の個性が際立つ斬新カレー

中川政七商店

産地を味わうレトルトカレー

各432円

日本各地の郷土料理をベースに作られたレトルトカレー。「岐阜の牛すじすったてカレー」や「有田の煮ごみカレー」など個性が際立つ6種展開。盛り付け写真は、滋賀県の銘柄鶏を使った「近江の黒鶏黒カレー」。

 

ゴロゴロと大きな具が入って満足度が高い!

「具材が大きくレトルトとは思えないクオリティ! カレーを食べながら旅行気分を味わえます。有田焼や美濃焼など、カレーと同じ地域で作られたお皿があるので(別売り)セットで楽しむとなお良し!」(編集部)

 

【人気No.2】和菓子をたっぷり詰め込んだ彩りが豊かなお菓子缶

中川政七商店

吹き寄せ さくら

1944円

「吹き寄せ」とは、色づいた紅葉が風に吹かれて1か所に集まった様子を意味する言葉。そんな情景が浮かぶよう、同社オリジナルの鹿や桜をモチーフにした最中皮やあられ、クッキーなどを詰め込んでいる。

 

華やかな中身と上品な包装でギフトにもピッタリ!

「華やかな色合いの和菓子がたっぷり詰まっていて、贈り物にピッタリ。5種類以上の味が楽しめて、ひとつひとつ丁寧に味わいたくなります。正倉院の宝物を元にした、イラストが描かれた缶も上品」(編集部)

 

【人気No.3】ご飯にも合うゆずごしょうを自分好みに作れるキット

中川政七商店

よしえ食堂11月の黄ゆずごしょうキット

5076円

同社のフードアドバイザー、神谷よしえさんが厳選した絶品の素材を使い、黄ゆずごしょうを作るキット。無農薬の旬の黄ゆずと、大分県日田市天ヶ瀬産の黄唐辛子、淡路五色浜の釜炊塩が入っている。

 

ご飯にのせると箸が止まらないおいしさ!

「みずみずしいゆずの香りと、黄唐辛子の辛さのバランスが絶妙で、フルーティな味わい。ゆずごしょうと聞くと薬味のイメージが強いですが、本品はご飯にのせるのがオススメ! 箸が止まらないおいしさです」(編集部)

 

【この冬のイチオシグルメもCheck!】

甘さ控えめでさっぱり! 飲み飽きないおいしさ

中川政七商店

奈良酒蔵造米麹あま酒 大

1620円

「清酒発祥の地・奈良県で作られたあま酒。甘すぎず、ヨーグルトのようにさっぱりした味わいで、毎日飲み続けても飽きないおいしさです。レモンやしょうがの搾り汁を加えるのもオススメ!」(佐藤さん)

 

心が躍るデザインの縁起の良いゼリー

中川政七商店

白鹿と果実のゼリー

864円

「当社創業の地である奈良県では、神様が白い鹿に乗ってやって来たという伝説があり、白鹿は『神様の使い』と言われています。そんな縁起物をミルクゼリーと果物で彩り良く仕上げました」(佐藤さん)

 

滋味深いスープで心も身体もポカポカに!

中川政七商店

当帰葉入り吉野葛スープ

各648円

「極寒の季節に地下水を使って丁寧に作られた吉野産の本葛を使用。濃厚な葛のとろみに、奈良のハーブ・当帰葉を使った滋味深い味わいです。寒い日の朝、身体を芯から温めてくれます」(佐藤さん)

 

●店舗により商品の取扱状況は異なります