ナイキは簡単に脱いだり履いたりできるシューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」を発売。 ナイキ ゴー フライイーズは、通学路を急ぐ学生や子ども、荷物で両手を塞がれた母親まで、様々な利用者のライフスタイルにできるだけ幅広く対応するのを目標にしたシューズです。

↑「ナイキ ゴー フライイーズ」1万3000円(税別)。カラーは3色展開

 

このシューズのスムーズな動作を可能にするのが、「双安定性ヒンジ(ちょうつがい)」。開口部を大きく開いた時も閉めた時にも、シューズを安定した状態に保つことができます。もう一つ、特徴的なディテールが「ナイキ ゴー フライイーズ テンショナー(張力調整装置)」。柔軟でユニークなテンショナーのおかげで、足だけでシューズを脱ぐ動作がさらに楽になるうえ、またこれまでとは全く異なる方法で履けるようになっています。

↑多くのユーザーが使いやすさや自分の力で履けることを感じられるデザイン

 

このシューズは、ハンズフリーで使えるシューズという大きな目標のために、ナイキのデザイン、イノベーションとエンジニアリングの力を結集。ナイキ ゴー フライイーズのような精巧で気軽に使えるソリューションは、ナイキ フライイーズ テクノロジー全般の開発における 「改良とは一時的な通過点 (BETTER IS TEMPORARY)」という意識づけを象徴するような存在です。

 

ナイキ フライイーズ技術はバスケットボール、ランニング、スポーツウェアなど様々なフットウェアモデルに採用されています。次々に生まれたデザインは、フライイーズを名乗る上で満たすべき厳しい基準と、妥協のない機能性の基準を満たすものとなっています。

 

車いすフェンシングチャンピオンのべべ・ヴィオは次のように話しています。「いつもはシューズを履くのにとても時間がかかります。ナイキ ゴー フライイーズがあれば、 足を入れて、その上に体重をかけるだけで大丈夫。これは障がいのあるアスリートに限らず、あらゆる人のリアルな生活にも活用できる新しいテクノロジーです。」

 

ナイキ ゴー フライイーズは、2月15日より一部のナイキ メンバーに招待制で発売を開始し、2021年後半に一般販売予定です。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】