無敗のレジェンドがついに日本に帰還する。昨シーズンまでニューヨーク・ヤンキースに所属していた田中将大が、古巣の東北楽天ゴールデンイーグルスに復帰することが正式発表された。

 

WELCOME HOME our HERO!!!!https://t.co/2WoFI9XjKJ#RakutenEagles #おかえりなさい pic.twitter.com/2DNlgJYORy

— 東北楽天ゴールデンイーグルス (@Rakuten__Eagles) January 28, 2021

 

2013年シーズンに24勝0敗1セーブ、防御率1.27という前代未聞の大記録を打ち立て楽天初優勝の立役者となった田中。翌年より海を渡り、名門ニューヨーク・ヤンキースに所属すると、初年度に肘の部分断裂を発症するも2019年まで6年連続2ケタ勝利をあげるなど、チームの大黒柱として活躍を見せた。特にポストシーズンでの活躍はめざましく、“ミスターオクトーバー”とも称されていた。

 

 

昨シーズン限りでヤンキースとの7年契約が終了。当初はヤンキースとの再契約が見込まれていたが、サイ・ヤング賞に2度輝いたクルーバーらが獲得されたことで事実上再契約が難しくなってしまったのだ。その後も、パドレスやエンゼルス、など他球団が獲得するという報道はあったものの、新型コロナウイルスの影響もあり停滞しているストーブリーグの中で正式契約は聞こえてこなかった。

 

「日本でのプレーも視野に入れている」「MLBを最優先に考えている」など様々な情報が入り乱れる中、28日に古巣・楽天から田中復帰の正式なアナウンスが行われると、SNS上では「おかえりなさい!!」「日本中がエースの帰りを待っていました!」など、楽天ファンだけでなく多くのプロ野球ファンが反応を示した。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MLB ⚾(@mlb)がシェアした投稿

 

また、MLB公式SNSも田中の楽天復帰を報道すると「過小評価されていたピッチャーだよ」「間違いなくヤンキースのレジェンドだ」「マサのピッチングを見るのが大好きだった」など、田中に感謝を表し移籍を惜しむ声が集まった。普段は辛口で知られるニューヨーカー達から、これほどまでに温かいメッセージが届いていることからも田中がヤンキースを代表する名投手の1人だったことが伺える。

 

🙏✨ pic.twitter.com/Tc4CHpFHV0

— 田中将大/MASAHIRO TANAKA (@t_masahiro18) January 28, 2021

 

田中も自身のSNSにて、英語でアメリカのファンに惜別のメッセージを綴っている。

https://t.co/SjJr50RdYE

YouTube始めます📺
「マー君チャンネル 田中将大」
皆さんチャンネル登録よろしくお願いします🙇‍♂️😁 pic.twitter.com/HYYKQaeBpp

— 田中将大/MASAHIRO TANAKA (@t_masahiro18) January 29, 2021

 

また、自身の公式You Tubeチャンネルを開設。復帰会見を自身のチャンネルで行なった。アイドル、釣り、ゲームなど、様々な趣味を持つ田中が、同チャンネルでどのような動画を公開するのかも楽しみだ。

 

 

会見では「東日本大震災から10年を迎える節目の年というのも、意味のあるタイミングだと思った」と語った田中。杜の都のエースが、東北のみならず日本プロ野球全体を盛り上げるに違いない。