auひかりの料金は高い?少しでも安く使うための攻略法

auひかりの利用を検討しているときに気になるのが料金ですよね。

助手のジョン

auひかりをお得に使うにはどうすればいいの?

博士

料金プランを把握して、お得なキャンペーン窓口を選べば、auひかりを安く利用できるんじゃ!

auひかりの料金は、住んでいる家のタイプや選んだ料金プランによって変わってきます。さらに、利用した申し込み窓口によっては、キャンペーンで大幅な割引も受けられるんですよ。

この記事では、auひかりを実際に契約した私がauひかりの利用に発生する料金やおすすめのキャンペーン窓口について分かりやすく解説していきます。

「料金プランがややこしくてよく分からない…」という方もこれを読めば、悩みを解決できますよ。auひかりの契約を検討しているなら、ぜひチェックしてみてください。

※記事内の料金はすべて税込表記です。

auひかりの詳細をチェック!

目次
  • auひかりの料金は高い?他社との比較
  • auひかりに必要な料金はコレ!
  • auひかりの料金プランを解説!
  • auひかりをお得に使うためのチェックポイント!
  • auひかりの料金に関するよくある質問
  • まとめ

auひかりの料金は高い?他社との比較

そもそもauひかりの料金は高いのでしょうか?auひかりと他社の大手光回線との料金を表にまとめました。

<光回線3社の料金比較>
光回線 契約期間 月額料金(ネット+光電話) 工事費無料 割引スマホキャリア
戸建てタイプ マンションタイプ
auひかり
3年
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,180円

実質無料
au
ドコモ光
2年
5,720円
4,400円

無料
ドコモ
SoftBank光
2年
5,720円
4,180円

乗り換え時のみ実質無料
ソフトバンク/ワイモバイル

月額料金だけを見ると、auひかりも他社回線も価格にそれほど大きな差はありません。auひかりのメリットは次のような点です。

auひかりの3つのメリット
  • auスマートバリューでauの携帯電話がお得に使える
  • 申し込み窓口独自の高額キャッシュバックキャンペーンが充実
  • 独自回線で高速通信が可能

auひかりには、auスマートバリューがあります。auの携帯電話を利用しているのであれば、スマホの月額料金の割引を受けることができるんですよ。

申し込み時のキャッシュバックキャンペーンが充実しているのも魅力。正規代理店フルコミットからの申し込みなら、最大60,000円のキャッシュバックを契約の翌月には受け取れます。

さらに、auひかりは独自回線を提供していることもポイント。auひかり利用者のみが使う回線なので、混雑しにくく、アクセスが集中する時間帯でも快適に使えますよ。

一方、独自回線であるがゆえに、全地域をカバーできておらず利用対象外のエリアがある点には注意が必要です。

博士

auひかりは、割引やキャッシュバックをうまく活用すればオトクに利用できる光回線なんじゃ!

【auひかりの申し込みなら代理店NEXTがいちばんお得!】

auひかり NEXT(代理店NEXTの場合)

最大65,000円のキャッシュバックがもらえる!

  • ネットのみの申し込みでも55,000円キャッシュバック!
  • 最短4ヶ月後から受け取り可能
  • 他社違約金を最大55,000円まで負担してくれる

auひかり・NEXTの
詳細をチェック!

auひかりに必要な料金はコレ!

まずは、auひかりの料金構造を知っておきましょう!

auひかりの料金は、初期費用・月額利用料・オプション料金の組み合わせで金額が決まります。それぞれを詳しく見ていきましょう!

初期費用

auひかりの初期費用として発生するのは、新規登録料と工事費の2つです。

auひかりの初期費用

  • 新規登録料:3,300円
  • 工事費:ホームタイプ41,250円・マンションタイプ33,000円

新規登録料は、初回のみ支払いが発生するものです。割引などはなく、必ず支払う必要があります。

工事費は、ホームタイプとマンションタイプで金額が異なります。支払い方法は、一括払いと分割払いを選択可能です。

<auひかりの工事費>
タイプ 工事費 分割払いの月額料金 支払い年数
ホームタイプ
41,250円
688円×60回
5年
マンションタイプ
33,000円
1,375円×24回払い
2年
開通工事を土日祝に行う場合には、別途3,300円が必要です。
助手のジョン

工事費用って結構高いんだね…。

博士

auひかりには初期費用相当額割引キャンペーンがあるから、工事費は実質無料になるんじゃ!

引用元:auひかり

初期費用相当額割引キャンペーンを利用すれば、毎月の工事費支払い額と同額の割引を受けられるんですよ。

初期費用相当額割引キャンペーンの適用条件

  • ホームタイプの場合:auひかり+auひかり電話サービスへの加入(550円/月)
  • マンションタイプの条件:auひかり

ホームタイプの場合、初期費用相当額割引キャンペーンを利用するには、ひかり電話への加入が必要です。

月額利用料

auひかりの月額利用料には次の3つが含まれています。

auひかりの月額利用料

  • auひかりのインターネット回線利用料
  • プロバイダサービス利用料
  • 機器レンタル料

auひかりでは、月額利用料にプロバイダサービス利用料や機器レンタル料も含んでいるため、どこのプロバイダを経由して申し込んでも料金は同じなんです。

月額利用料は、住んでいる家のタイプや、利用するサービス、利用する期間によってかわってきます。

オプション料金

機能を追加したい場合には、有料オプションの追加が必要となる場合があります。

オプションの一例

  • ひかり電話(550円+通話料/月)
  • 電話オプションパック(550円/月)
  • ひかりTV(697円〜2530円+機器レンタル料550円/月)
  • 安心ネットフィルター(209円/月)
  • 安心トータルサポート(550円/月)
  • おうちトラブルサポート(440円/月)

月額料金にプラスされるので、必要なものだけ利用することが料金節約のコツですよ。

auひかりの料金プランを解説!

auひかりの月額料金は、選ぶ料金プランによって変わってきます。

料金プランは、住んでいる家のタイプによって選べるものが決まっています。戸建てならば「auひかりホームタイプ」、集合住宅なら「auひかりマンションタイプ」を利用することになりますよ。

auひかりホームタイプ

auひかりホームタイプは、通信速度により次の2つに分けられます。

<auひかりホームタイプ>
auひかりホーム1ギガ auひかりホーム5ギガ・10ギガ
最大速度
1Gbps
5Gbps/10Gbps
提供エリア
全国(一部除く)
東京・神奈川・千葉・埼玉の一部エリア

auひかりホーム1ギガは最大速度1Gbpsの標準プランです。

大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県を除く全国エリアに対応しています。

auひかりホーム5ギガ・10ギガは、それぞれ5Gbps・10Gbpsの速度が出る高速通信が売り。

しかし、提供エリアが狭く、「東京・神奈川・千葉・埼玉」の一部エリアでしか利用できません。

auひかりホームの3つの料金プランを解説!

auひかりのホームタイプでは、契約期間の異なる3つの料金プランが用意されています。

<auひかりホームタイプの料金タイプ>
料金プラン
(ホーム1ギガの場合)
月額料金 契約期間
ずっとギガ得プラン
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
3年(自動更新)
ギガ得プラン
5,720円
2年(自動更新)
標準プラン
6,930円
なし

契約期間が長いほど、月額料金は安くなっていきます。しかし、更新月以外に解約した場合には、解約違約金を支払う必要があります。

契約期間のない「標準プラン」はいつ解約しても違約金は発生しませんが、月額料金は高めです。

博士

長く使うのなら、安く使える「ずっとギガ得プラン」がおすすめじゃ!

フルコミットでauひかりの詳細をチェック!

auひかりホームタイプの料金一覧表

契約タイプと料金プランを踏まえたうえで、auひかりホームタイプの料金をチェックしていきましょう!

auひかりホーム1ギガの料金一覧表
<auひかりホーム1ギガの料金>
料金プラン 契約期間 月額料金
ネット+電話+テレビ ネット+電話 ネット+テレビ ネットのみ
ずっとギガ得プラン
3年
1年目:6,710円
2年目:6,600円
3年目:6,490円
1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
ギガ得プラン
2年
6,820円
6,270円
6,270円
5,720円
標準プラン
なし
8,030円
7,480円
7,480円
6,930円
助手のジョン

5ギガ・10ギガの料金はこんな感じだよ!

auひかりホーム5ギガ・10ギガの料金一覧表
<auひかりホームV5ギガの料金>
料金プラン 契約期間 月額料金
ネット+電話+テレビ ネット+電話 ネット+電テレビ ネットのみ
ずっとギガ得プラン
3年
1年目:6,710円
2年目:6,600円
3年目:6,490円
4年目以降:6,490円※1
1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
4年目以降:5,940円※1
1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
4年目以降:7,040円
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4年目以降:5,940円
ギガ得プラン
2年
7,370円
6,820円
6,820円
6,270円
標準プラン
なし
8,580円
8,030円
8,030円
7,480円

※1:auスマートバリュー利用時

<auひかりホームX10ギガの料金>
料金プラン 契約期間 月額料金
ネット+電話+テレビ ネット+電話 ネット+電テレビ ネットのみ
ずっとギガ得プラン
3年
1年目:7,568円
2年目:7,458円
3年目:7,348円
4年目以降:7,378円※1
1年目:7,018円
2年目:6,908円
3年目:6,798円
4年目以降:6,798円※1
1年目:7,018円
2年目:6,908円
3年目:6,798円
4年目以降:7,348円
1年目:6,468円
2年目:6,358円
3年目:6,248円
4年目以降:6,798円
ギガ得プラン
2年
8,228円
7,678円
7,678円
7,128円
標準プラン
なし
9,438円
8,888円
8,888円
8,338円

※1:auスマートバリュー利用時

5ギガプラン・10ギガは、4年目になると550円値上がりします。しかし、auスマートバリューに加入していれば、550円の割引が適用されます。
助手のジョン

auスマートバリューに入っていれば、4年目以降も3年目と同じ料金で使い続けられるんだね!

フルコミットでauひかりの詳細をチェック!

auひかりマンションタイプ

auひかりマンションは、住んでいるマンションによって利用できるタイプが定められています。

基本的にマンションタイプの変更は行えません。契約者が選べるのは、料金プランだけです。

auひかりマンションタイプの料金プラン

auひかりマンションタイプには、3つの料金プランが用意されています。

auひかりマンションタイプの料金プラン
  • 標準プラン
  • お得プラン
  • お得プランA

それぞれの特徴を確認しましょう。

標準プラン

標準プランは、契約期間に縛りがなく、いつauひかりを解約しても違約金が発生しないのが魅力です。

お得プラン

お得プランは、タイプG・都市機構Gのみで利用できるプラン。契約期間が2年縛りになりますが、毎月1,100円の割引を受けられるというものです。

ただし、契約更新月以外に解約すると10,450円もの違約金が発生するので注意が必要です。

博士

9カ月以上利用するならば、違約金よりも累計割引額のほうが大きくなるためお得じゃよ。

お得プランA

お得プランAは、タイプG・都市機構G以外で利用できるプランです。契約期間は2年で、違約金は7,700円です。

料金は、標準プランと同じですが、通常440円のおうちトラブルサポートを申し込みなしに無料で利用できます。

【おうちトラブルサポート】
通常料金:440円
水回り、電気、ガス、鍵、ガラスなどのトラブルに無料で対応してくれるサービス

auひかりマンションタイプの月額料金一覧

助手のジョン

auひかりマンションタイプの月額料金を表にまとめたよ!

<auひかりマンションタイプの月額料金>
提供タイプ 料金タイプ 月額利用料 最大速度
16契約以上 8契約以上 下り 上り
タイプG
お得プラン
4,180円
4,510円
664Mbps
166Mbps
標準プラン
5,390円
5,720円
タイプV
お得プランA
4,180円
4,510円
100Mbps
35Mbps
標準プラン
都市機構デラックス
お得プランA
4,180円
4,180円
100Mbps
35Mbps
標準プラン
都市機構G
お得プラン
5,390円
5,390円
664Mbps
166Mbps
標準プラン
タイプE
お得プランA
3,740円
4,070円
100Mbps
100Mbps
標準プラン
タイプF
お得プランA
4,290円
4,290円
100Mbps
100Mbps
標準プラン
ギガ
お得プランA
4,290円
4,290円
1Gbps
1Gbps
標準プラン
ミニギガ
お得プランA
5,500円
5,500円
1Gbps
1Gbps
標準プラン
助手のジョン

タイプG以外では、お得プランと標準プランの料金は変わらないね!

博士

お得プランは、おうちトラプルサポートが無料だけど、契約期間が決まっているから注意じゃ!更新月以外に解約すると違約金がかかるよ。

auひかりをお得に使うためのチェックポイント!

auひかりを少しでもお得に使いたいなら、料金に影響を与える次の3つのポイントをチェックしてみましょう。

auひかりをお得に使うための3つのチェックポイント

  1. auスマートバリューを申し込む
  2. オプション契約をチェックしてムダを削減
  3. キャンペーン窓口のキャッシュバックを利用する

ひとつずつ確認していきましょう!

1.auスマートバリューを申し込む

引用元:auひかり

auひかりを利用するなら、スマホキャリアはauで揃えるとお得です。

auスマートバリューが適用され、毎月最大1,100円×auスマホの契約回線数(最大10回線)の割引が受けられるんですよ。

助手のジョン

例えば、家族で4台のスマホを使っていたら、1,100円×4回線で4,400円も割引になるんだね!

博士

auショップなどの店頭で手続きすれば、住所が異なる家族もauスマートバリューに入れるんじゃよ。

auスマートバリューの適応条件は次のとおりです。

auスマートバリューの適用条件

  • ひかり電話(月額550円)を契約する

auスマートバリューの適用には、月額550円のひかり電話の契約が必須です。しかし、auスマートバリューの割引額の方が大きいので、ひかり電話を契約した方がお得になりますよ。

さらに、auひかり ホーム5ギガ・10ギガでauスマートバリューに加入すると、契約4年目以降の高速通信料金が550円割引になります。

※auスマートバリューは、スマホの月額料金から割引されるものです。
auひかりの請求額からの割引ではありません。

2.オプション契約をチェックしてムダを削減

auひかりの料金が高いと感じたときには、不要なオプションの料金を支払っていないか確認しましょう!

オプションの一例

  • ひかり電話(550円+通話料/月)
  • 電話オプションパック(550円/月)
  • ひかりTV(697円〜2530円+機器レンタル料550円/月)
  • 安心ネットフィルター(209円/月)
  • 安心トータルサポート(550円/月)
  • おうちトラブルサポート(440円/月)

auひかりには、豊富なオプションが用意されています。利用していないオプションがあれば、解約してしまいましょう!

ひかり電話への加入は、auスマートバリューの適用条件に含まれています。
auスマートバリューを利用しているなら、誤って解約しないように注意しましょう!

また、オプションではありませんが、次のような料金を支払っている場合もあります。

  • 口座振替手数料(220円/月)
  • 請求書発行料金(220円/月)

不要であれば解約することで、月額料金を下げることができますよ。

助手のジョン

オプションの解約は、会員専用Webページの「My au」でできるよ!

3.キャンペーン窓口のキャッシュバックを利用する

auひかりをお得に申し込みたいなら、auひかりの公式サイトからではなく、代理店やプロバイダの窓口を利用しましょう!

窓口はauひかりの契約を獲得するためにキャンペーンを行っているので、キャンペーンの内容が充実している窓口を選びましょう。

auひかり公式サイトで受けられる工事費実質無料などのキャンペーンと、申し込み窓口独自のキャンペーンを併せて受けられるんですよ。

博士

auひかりは窓口選びを間違えると、お得さが大幅に下がってしまうんじゃ!

高額なキャッシュバックを受け取れるおすすめのキャンペーン窓口を一覧でチェックしていきましょう!

<申し込み窓口キャンペーン比較>
窓口名 キャンペーン金額 プロバイダ指定 有料オプション加入 振込時期 申請手続き
NEXT
最大65,000円
キャッシュバック
So-net・BIGLOBE・@nifty
必要

4ヶ月後・5ヶ月後

4ヶ月後にメールで申請
フルコミット
最大60,000円
キャッシュバック
So-net
必要

1ヶ月後・4ヶ月後

申し込み時に電話で申請
GMOとくとくBB
最大61,000円
キャッシュバック
GMOとくとくBB
必要

1年後・2年後

11か月後にメールで申請
So-net
58,000円
キャッシュバック
So-net
不要

10ヶ月後にサイトで申請
25
最大60,000円
キャッシュバック
BIGLOBE
必要

12ヶ月後

10ヶ月後にメールで申請

この中でも特にオトク度の高いおすすめのキャンペーン窓口は、正規代理店のNEXTです。

ネットとひかり電話の申し込みで最大65,000円のキャッシュバックを受け取れます。ネットのみの申し込みでも、最大55,000円のキャッシュバックがもらえますよ。

キャッシュバックは、開通から4・5ヶ月目にメールで申請を送れば、ほどなくして指定口座に現金振り込みされます。

さらに、他社からの乗り換えなら最大55,000円の違約金負担キャンペーンも受けられます!

助手のジョン

他の窓口は、受け取りまでに1年近くかかることもあるけど、NEXTは早めだね!

博士

そうなんじゃよ。NEXTなら最短半年でキャッシュバック受取まで完了できるから安心じゃ!

NEXTでauひかりの詳細をチェック!

auひかりの料金に関するよくある質問

auひかりの料金についてのよくある質問をまとめました。

  1. auひかりは、申し込むプロバイダで利用料金が変わるの?
  2. auひかりの工事費は実質無料って本当?
  3. auスマートバリューに入っているのに、auひかりの料金が安くならないのはなぜ?
  4. 同じ家に住んでいない家族もauスマートバリューに入れるの?
  5. auひかりを安く利用する方法は?

1点ずつ確認していきましょう!auひかりの料金を安くしたいなら、チェックしてみてくださいね。

1.auひかりは、申し込むプロバイダで利用料金が変わるの?

auひかりは、どこのプロバイダから申し込んでも月額料金は変わりません。プロバイダサービス利用料や機器レンタル料は月額料金に含まれているため、選んだプロバイダによって、月額料金が変動することはありませんよ。

2.デビットカードでの支払いはできる?

auひかりは、次の2つのデビットカードでの支払いに対応しています。

  • VISAデビットカード
  • JCBデビットカード

その他の支払い方法としては、クレジットカード払い、口座振替、コンビニ払いに対応しています。

3.auスマートバリューに入っているのに、auひかりの料金が安くならないのはなぜ?

auスマートバリューの割引は、スマホの月額料金に適応されます。auひかりの料金が安くなるわけではない点に注意しましょう。

博士

割引されているかは、スマホの支払い額をチェックするんじゃぞ!

4.同じ家に住んでいない家族もauスマートバリューに入れるの?

auスマートバリューは、同居の家族だけでなく、違う住所に住んでいる家族でも入ることができます。

最大10回線まで割引が受けられるので、単身赴任のお父さんや、一人暮らしの学生さんなどがいるご家庭は加入を忘れずに!加入手続きは、auショップの店頭で行えますよ。

5.auひかりを安く利用する方法は?

auひかりを安く利用したいなら、キャッシュバック金額の大きいキャンペーン窓口から申し込みましょう!代理店NEXTからの申し込みなら、最大65,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

NEXTでauひかりの詳細をチェック!

まとめ

auひかりの料金は、住んでいる家のタイプと選んだ料金プランによって変わります。料金を安くしたいなら、次の3つのポイントを確認してみましょう!

auひかりの料金を安く抑える3つのポイント
  1. auスマートバリューを申し込む
  2. オプション契約をチェックしてムダを削減
  3. キャンペーン窓口のキャッシュバックを利用する
博士

これらをうまく活用すれば、auひかりを安く利用できるんじゃよ。

申し込むときには、必ずキャンペーン窓口を利用してお得なキャッシュバックを受け取りましょう!

最大65,000円のキャッシュバックを受け取れるNEXTからの申し込みがおすすめですよ。

【auひかりの申し込みなら代理店NEXTがいちばんお得!】

auひかり NEXT(代理店NEXTの場合)

最大65,000円のキャッシュバックがもらえる!

  • ネットのみの申し込みでも55,000円キャッシュバック!
  • 最短4ヶ月後から受け取り可能
  • 他社違約金を最大55,000円まで負担してくれる

auひかり・NEXTの
詳細をチェック!