スニーカー通勤する人も増えた昨今、ビジネスやプライベートなどシーンを問わずに使えるビジカジスニーカーも人気となっていますが、ここ最近、注目度を上げているスニーカーブランドがあります。それが「SLACK FOOTWEAR(スラックフットウェア)」です!

 

革靴ブランドとスポーツメーカーの両社でシューズ作りを経験したデザイナーを擁し、革靴の技法とモダンな機能素材を融合した、新たなデザインを提案する東京発のブランドです。そんなスラックフットウェアの新作「ローディー」を実際にお試ししてみました!

 

【スラック フットウェアの「ローディー」を写真で先見せ(画像をタップすると拡大画像が表示されます)】

 

様々なシーンで使えるシンプルなデザインが魅力的な本シューズ。ヒールを踏んでも履けるハイブリットタイプで、ベーシックなローファーとして履けるほか、ヒールを踏んでクロッグサンダルとしてもカスタムできる2WAY仕様。ライニング前方のネオプレーン、インソールには起毛素材を採用し、素足でも着用可能なソフトな構造もポイントとなっています。

 

ヒールが踏める2WAY仕様の本革ローファー・スニーカー!

アッパーは全面をスエードレザーで構成していて、マットな質感で落ち着きのある雰囲気に仕上げられています。

 

本シューズは、アッパーとソールを圧着させる「バルカナイズ製法」を採用して、スマートなフォルムを実現。さらにステッチを施す事で、堅牢性を高めています。手が込んでいますね。

 

インソールには起毛素材を取り入れているので、素足で着用できるくらいソフトな構造となっています。

 

あらかじめヒール部分を踏めるようにデザインされているので、クロッグサンダルとしてラフな履きこなしにも対応してくれます。

 

コーディネートやシーンに合わせて履きこなせる1足ですね。上品な雰囲気なので、ちょっとリッチなリゾートスタイルにもハマるかと。

スラック フットウェア
ローディー
1万4080円(税込)