水まわりに対する正しい知識を広め、いざというとき慌てないようにするため東京ガスではこの度、メディア向けの「水まわり修理体験会」を実施。トイレ詰まり、水栓が壊れて止まらなくなるなど、水まわりトラブルは過去に何度か体験している筆者も、この体験会に参加してきました。体験会当日は、東京ガスリビングホールディングス・山口 誠さんと、東京ガス・暮らしサービス事業推進部・伊藤健二郎さんが指導と解説をしてくれました。

↑メディア向け「水まわり修理体験会」を実施したのは、横浜にある東京ガス人材育成センター。本物の水まわり機器を使って指導を受けることができました

 

【対策その1】水まわりのあらゆるトラブルは、慌てずにまず止水せよ!

↑東京ガスリビングホールディングス・山口 誠さん。水まわりトラブルはもちろん、生活全般のトラブルに、効率よく便宜的に対応できるサービスを目指し、日々奮闘しています

 

ーーまず、水まわりでよく起こりやすい故障や不具合を教えてください。

 

山口 誠さん(以下、山口) 水栓ですと、経年劣化によるパッキンの傷みで起きる「水漏れ」が多いです。あるいは温度調節のレバーとカラン、シャワーが一体型のタイプの「サーモスタット水栓」ですと、「温度調節ができない」といった不具合もよくあります。いずれも場合によっては、自身で修理できるケースがあります。仮に、構造が複雑なサーモスタット水栓での不具合であっても、メーカーのメンテナンスなどの専門家に修理を依頼すれば、適性な出張費・技術料で済みますよ。

↑浴室などのサーモスタット水栓には、部位の一つに止水栓(赤丸の箇所)を併せ持つタイプのものもあります

 

↑水まわりトラブルでは、これらの止水と合わせて、周辺を養生しておくとより良いとのこと

 

山口 一方、「すべての業者がそうだ」というわけではありませんが、ポスティングチラシを入れている修理業者の中には、法外な請求を行うところもありますので、注意してください。そのためにも、水まわりで起こりやすい故障や不具合はあらかじめ知っておき、急なトラブルでも慌てずに対応してもらいたいと考えています。後述するトイレ詰まりもそうですが、あらゆる水まわりトラブルが起きた際、まずすべきことは止水(水を止める)です。水まわりの不具合を自身で修理する場合でも、水漏れなどを防ぐ意味で、止水して対応することが基本です。さらに、万一水が吹き出したり、溢れたりしたときのことを考えて養生すると良いと思います。

 

ーーしかし、この止水というのも素人にはどうやったら良いかがわかりません。

 

山口 止水はマンションや戸建ての家全体の水を止める場合と、水栓やトイレなどの単体の水を止める場合があります。いずれも止水栓の場所を把握しておけば、簡単に止水することができます。ぜひ覚えておいていただきたいです。

 

【チェックポイント! 止水栓の場所】

 

【対策その2】水漏れの際はパッキンを疑うべし!

ーー次に水栓で「水漏れ」が起きたときの対処法を教えてください。

 

山口 まず、単水栓で水漏れが起きた際は、分解して「どこに不具合があるのか」を確認しましょう。単水栓はハンドルを回すことによって、吐水量を調整するものですが、このハンドルと吐水装置はおおむね7つの部品によって成り立っています。分解するには、工具が必要です。それさえあれば簡単にできますので、ぜひご家庭に準備いただきたいです。

↑水まわりトラブルはもちろん、家庭でのあらゆる場面で役立つモンキーレンチやニッパー、ドライバーなどの工具類

 

↑単水栓を実際にバラしてみると、ハンドルと吐水装置はおおむね7つの部品で成り立っています

 

↑各部品の名称と、組み込まれている順番はこの通り

 

↑このうち、水漏れの原因はゴム製品であるパッキンの傷みによって起こることが多いとのこと

 

↑業者に頼むと、何千円〜何万円請求されることもある修理・交換。仮にパッキンだけであれば、ホームセンターやネットなどで数百円で買えることも。できることは自分でやるほうが絶対お得です

 

ーーこの単水栓はシンプルで自分でも作業ができそうですが、浴室などにあるお湯と水が出るサーモスタット水栓は難しそうですね。

 

山口 そうですね。しかし、サーモスタット水栓でも、単なる水漏れの場合は、やはりパッキンが傷んでいることが多いです。こちらもしっかり止水した上で、各部位を分解してパッキンをチェックしてみると良いでしょう。

↑水漏れを起こしているサーモスタット水栓

 

↑しっかり止水した上で、水栓を取り外してよく見ると……

 

↑やはりパッキンの劣化で水漏れを起こしていることが多いとのこと

 

山口 もちろん、このパッキンもホームセンターやネットで数百円で買えるものです。また、サーモスタット水栓で仮に水側のパッキンに劣化が見られた場合、お湯側のパッキンも同時に交換しておくと良いでしょう。水側がすでにダメになっているのだから、お湯側もやがてダメになるはずですし、分解する手間も一度で済みます。

 

また、それでも直せないような場合は、前述のメーカーのメンテナンスなどの専門家を呼んで修理してもらいましょう。部品調達も迅速ですし、請求額も適性なはずです。ちなみに水漏れではなく、「温度調整がうまくできない」といった場合は、ユニットごと取り換える修理になりますが、それでも部品代、出張費込みで1〜1万5千円くらいで済みます

↑サーモスタット水栓のパッキン以外の修理はメーカーに依頼するのが一番とのこと

 

【対策その3】トイレ詰まりはスッポンを正しく使って対処せよ!

ーー水まわりのトラブルでは、トイレ詰まりもよく聞きますし、筆者も何度か経験しています。便器の水位が上がってきたりしてかなり焦るのですが、どのように対処すべきでしょうか。

 

山口 原因は様々なんですよ。長年、トイレを使い続けることによって、排水の配管内に汚れが積み重なり、引っ掛かりができて詰まってしまうパターン。他にも地震が起きた際などに、配管に段差ができてペーパーや汚物が引っ掛かりうまく流れなくなるパターン。さらに本来はトイレに流すべきではない異物……財布、鍵、携帯電話、お子さんのオモチャ、紙おむつなど、水で溶けないものを誤ってトイレに流してしまった場合も当然トイレ詰まりを起こします

↑トイレ詰まりを起こし、水嵩が増してしまっている便器。やはり便器を養生しておくに越したことはありません

 

山口 段差ができたことによるトイレ詰まり、異物でのトイレ詰まりは特別な機材を使ったり、大掛かりな修理が必要になります。ここでは、最もよくある「排水の配管内の汚れによって詰まるパターン」の対処法を紹介します。トイレが詰まると、便器の水嵩が増してきますが、こういった際に使うのが、いわゆる“スッポン”や“シュポシュポ”と呼称される「ラバーカップ」です。このラバーカップには便器の構造に合わせて様々なタイプがありますが、この正しい使い方、ご存知ですか?

 

ーーラバーカップを使って水を押し込むように使う……ではないのですか?

 

山口 違いますね。ラバーカップの正しい使い方は、「押し込むようにする」ではなく、「水を引き出しながら、中の詰まりを崩しながら流す」のが正しいです。では、実際にやってみましょう。

↑もちろん、作業前には止水をします

 

↑撮影の便宜上、養生はハズしていますが、まず水の中でラバーカップの中の空気を抜く作業を行います。押し込んでいるようにも見えますが、これはあくまでも空気を抜くための作業。水を押し込んでいるわけではありません

 

↑ラバーカップの空気が抜けたら、水を引っ張り出すように、ラバーカップ本体を引きます。これを繰り返すことで配管内で水が動き、詰まっているものが溶けて流れやすくなります

 

山口 こういった作業を業者に依頼する場合、適正な価格でも1万5千円くらいはします。一方、ラバーカップはホームセンターやネットであれば1500〜2000円で購入することができます

 

【対策その4】トイレの水が止まらない時はタンク内の弁を疑うべし!

ーーまた、トイレは詰まりだけでなく、便器内の水が止まらないといったトラブルもあります。この原因はなんですか?

 

山口 たいていは便器の後ろにある給水タンクの中の装置の弁が破損していたり、劣化していることが原因です。通常、タンクの中には浮きを含めた給水装置があり、レバーをひねることで、給水弁が開き便器内に水を流す構造になっています。この給水弁はゴムで出来ていることが多いのですが、常時水に浸かっている状態です。どうしてもゴムが劣化して痩せ細ったりして、本来の機能を果たさなくなってしまうこともあります。そういった場合に、便器に流れる水が止まらない……といったことが起きます。

↑トイレのタンク内部を可視化したもの

 

ーーこの弁が壊れていた場合は、どうしたら良いのでしょうか。

 

山口 便器のメーカー、モデル名、番記などを把握して、それに合う弁をホームセンターやネットなどで購入することもできます。これも数百円から購入することができ、給水装置の構造自体もシンプルなので自身でも交換することができます。ただし、交換に自信がない方はメーカーのメインテナンスの方などの専門家に頼んでも良いでしょう。

↑トイレの水が止まらなくなる原因は、だいたいは給水装置のゴム部品(弁)の劣化。まずは弁を疑い、実際に劣化や損傷が見られた際は、注文して自分で交換するのが一番リーズナブルに済むとのことでした

 

東京ガスは、ガスだけの業態ではなかった!

↑↑東京ガス・暮らしサービス事業推進部・伊藤健二郎さん。東京ガスが展開する「暮らしよし!サポート」のガス機器スペシャルサポートの普及と合わせて、人々の暮らしがより快適になるサービス展開を目指しています

 

ーー続いては、伊藤さん。先ほどは山口さんに水まわりトラブルの対策術を教えていただきましたが、なぜ東京ガスではこのような活動に力を入れているのでしょうか。東京ガスは、ガスだけを扱う業態だと思っていたのですが……。

 

伊藤健二郎さん(以下、伊藤) もちろんガスの会社ではありますが、消費者の方の生活全般をサポートする取り組みを行なっています。カスタマージャーニー(顧客の行動・思考・感情)を意識して、ガス機器だけでなく、電気エアコンや水まわりなどの、住宅設備領域全般のトラブルにも対応できるよう「暮らしよし!サポート」というコンセプトのもと、ガス機器スペシャルサポートのオプションとして「水まわり修理」サービスを展開しています。今回のメディア向け「水まわり修理体験会」もその一貫で実施させてもらいました

 

ーーこういったサービスを展開されているのに、「業者を呼ばなくても、自分で修理できることもありますよ」という紹介をされている理由はなぜでしょうか?

 

伊藤 もちろん、今回紹介したような水まわりトラブルの修理はガス機器スペシャルサポートのオプション「水回り修理」に任せていただければすべて対応します。ただし、このサービスの根本にあるテーマは「住まいと人に焦点を当てて、人々に『安心』をご提供したい」というものです。例えば何かと慌てがちな水まわりトラブルでも、できるだけゆとりを持って対処していただきたいという思いから、こういった情報もどんどん紹介していきたいという考えでのことです。

 

特に水まわりに関しては、注意喚起と合わせてサービスのご案内などを継続していきたいですね。ぜひ今後とも注目いただきたいと思っています。

↑東京ガスの「暮らしよし!サポート」ガス機器スペシャルサポートは月定額でガス機器や水まわりの修理をお願いできるサービス。詳しくは公式サイトをチェックしてみてください

 

水まわりトラブルを何度か経験している筆者ですが、今回のメディア向け「水まわり修理体験会」での情報を得ておけば、もっと慌てずに済んだだろうなぁと実感。新期、新生活が始まった今こそこういったトラブル対策を肝に銘じながら、万一に備えていくべきだと思いました。

 

もちろん、悪徳業者は許しがたい存在ですが、一方で我々消費者が水まわりに対して意外と無知であることも、こういった悪徳業者を野放しにさせている理由でもあります。また、こういった知識不足に加え、水まわりでのトラブルは急を要することが多いため、消費者はとかく慌てがち。「無知」「慌てる」が重なることで、法外な請求にも疑問を持たず、すんなり支払ってしまうことも多いようです。

 

撮影/我妻慶一

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】